株主優待(食事券)がお得な「すかいらーく(3197)」を利益確定、+182,000円(手数料&税引前)

先日、「すかいらーく(3197)」を利益確定しました。

食事券の優待目的で購入した銘柄で、投資した当時はキャピタルゲインはほぼ期待していなかったのですが、私の予想に反して株価が値上がりしました。

日本人投資家は優待が好きな習性があるようですが、「すかいらーく」は優待銘柄の中でもトップクラスのお得な優待内容となっているので、優待の権利確定日前には株価が大きく値上がる傾向があります。

ちなみに、次の優待権利確定日は6月25日です。

すでに株価は大きく上昇しているので、今から優待目的で買うのは辞めた方がいいと思いますが、12月末の優待権利日に向けてどこかで仕込むのはありかもしれません。

500株の保有で「平均取得単価1,576円」「平均約定価格が1,940円」だったので、「証券会社の手数料」と「税金」を引かれる前の利益額は182,000円となります。

(1940 – 1576) × 500 = 182,000円

2月の「アンリツ」、5月の「チャームケア」に次ぐ利益確定になります。

5G銘柄「アンリツ(6754)」を利益確定して+252,000円(手数料&税引前)
今週、5G銘柄の「アンリツ(6754)」を利益確定しました。 400株しか保有していませんでしたが、「平均取得単価1,590円」で「平均約定価格が2,220円」だったので、「証券会社の手数料」と「税金」を引かれる前の利益額は25万20...
老人ホーム運営「チャームケア(6062)」を利益確定、+89,100円(手数料&税引前)
GW後に「チャーム・ケア・コーポレーション(6062)」を利益確定しました。 300株しか保有していませんでしたが、「平均取得単価1,415円」で「平均約定価格が1,712円」だったので、「証券会社の手数料」と「税金」を引かれる前の利...
2019年の損益(手数料&税引前)

  • アンリツ:+252,000円
  • チャームケア:+89,100円
  • すかいらーく:+182,000円
  • 合計:523,100円

まだ優待券がだいぶ残っていますが、2020年3月31日まで期間があるので少しずつ利用していこうと思っています。

スマホアプリで約定情報を確認

1940円に指値を入れておいて刺さりました。

本当は1945円に指値を入れようと思ったのですが、この日は上値が重たかったので、この日のうちに約定することを優先してちょっとだけ下に指値を入れました。

「手数料・諸経費」が487円、「課税額譲渡益税(手数料に対する消費税)」が38円で、証券会社の手数料は525円です。

上のスマホアプリはSBI証券のものですが、SBI証券の場合、約定代金が50〜100万円の場合の手数料は税込525円です。

今回は約定代金が97万円(1,940 × 500 = 970,000)なので、ギリギリこの枠に収まります。

約定代金が100〜150万になると手数料は税込628円になります。

証券会社の手数料に関しては、以下のページに各社を比較して詳しく書いています。

2018年10月、ネット証券の日本株・米国株・海外ETFの手数料比較
証券会社の手数料は年々変わっていきます。 顧客獲得のため手数料競争が起こるので、基本的には年々安くなっています。 当サイトは過去にも証券会社の手数料比較に関する記事を書いていますが、それらの記事は現状では古くなってしまっているた...

「受渡代金・決済損益」は約定代金から手数料を引いた969,475円となります。(970,000 – 525 = 969,475)

パソコン管理画面で約定情報を確認

パソコン管理画面では、約定日当日なら「取引 – 当日約定一覧」と進むと、スマホアプリと同じ情報を見ることができます。

約定履歴

約定日の翌営業日から「約定履歴」と「譲渡益税明細」が見られるようになります。

「口座管理 – 取引履歴」と進むと「約定履歴」ページが表示されますので、ピンクのラインを引いた部分を各種設定をします。

約定履歴では「買った時」と「売った時」の情報を確認できます。

2018年5月10日と11日に買って、2019年6月6日に売却(利益確定)しました。

保有期間は約1年1ヶ月ということになります。

譲渡益税明細

「譲渡益税明細」には「すかいらーく」だけでなく、売却(損切り)した「げんせん投信」も載っていますが(約定日が同じになったようです)、ここでは「すかいらーく」のみ見ていきます。

「損益金額/徴収額」は利益から証券会社の手数料を引いた額です。つまり、税引前利益となります。

すかいらーくの「損益金額/徴収額」は合計で181,475円になります。(72,590 + 108,885 = 181475)

証券会社の手数料は「(費用)」と書かれた数字です。手数料の合計525円です(209 + 316 = 525)

私は「特定口座(源泉徴収しない)」という設定にしているので、売却時点で引かれるのは証券会社の手数料のみです。

182,000(手数料&税引前の利益) – 525(手数料) = 181,475(税引前利益)

ここから20.315%(所得税15.315%+住民税5%)の税金が引かれます。

181,475(税引前利益) × 0.20315(税率) = 36866.64625(税額)

181,475(税引前利益) – 36,866(税額) = 144,609(税引後利益)

よって、税引き後の利益は144,609円となります。

保有中に受け取った株主優待(食事券)

すかいらーく株は1年ちょっと保有したので、過去に株主優待を2回受け取りました。

すかいらーくの優待権利日は6月末と12月末ですが、株主優待が自宅に届くのは優待権利日の3ヶ月後になるので、9月と3月に受け取っています。

すかいらーくから配当金8000円、株主優待カード15000円分を受け取りました。合計23,000円
週末に、私が投資している「すかいらーく」から「配当金」と「株主優待カード」を受け取りました。 すかいらーく株を買った時の記事はこちらです↓ すかいらーく株を500株購入、株主優待で年間33,000円のお食事券がもらえます。配当金...
すかいらーくから2度目の配当金11,000円と株主優待カード18,000円分を受け取りました。合計29,000円
今週、「すかいらーく」から2度目の「配当金」と「株主優待」を受け取りました。 配当金は3月14日に書類が届き、同日にSBI証券に税引後の金額が入金されました。 株主優待カードは翌日の3月15日に自宅のポストに届きました。 ...

1度目が15,000円分、2度目が18,000円分なので、合計33,000円分の食事券(優待カード)を受け取りました。

すかいらーく系列のレストランで33,000円分も無料で食べられるので、すごくお得感があります。

これが個人投資家に「すかいらーく株」が人気がある理由だと思います。

そして、株主優待には課税されないというメリットもあります。

ちなみに、1000株保有すれば年間69,000円分、夫婦で2000株保有すれば年間138,000円分の食事券を受け取れます。

家族4人の外食で使えばそれなりの節約になりそうです。

さらに、配当金も受け取れます。

保有中に受け取った配当金

受け取った配当金の総額を調べるにはメニューから「入出金・振替 – 入出金明細」へと進みます。

このページで「区分」の「入金」にチェックを入れ、「表示件数」で「200件」を選び、「期間指定」をして「照会」ボタンをクリックすると、受け取った配当金を確認できます。

「すかいらーく」の配当金は2018年9月に6,375円、2019年3月に8,766円、合計15,141円を受け取りました。

私は「源泉徴収しない」に設定していますが、配当金は必ず源泉徴収されます。

つまり、税金が天引きされた額が入金されます。

配当に対する税率はキャピタルゲイン同様に「20.315%」です。

ちなみに、すかいらーくは優待で大盤振る舞いしているせいか、業績はそれほど良くありません。

そのせいか、2019年2月に減配しました。

すかいらーくが1株あたり配当金を年38円から19円に減配、配当性向は40%から30%に。PTSでは5.5%下落
本日(2019年2月14日)、すかいらーく(3197)が2018年12月期連結決算を発表し、配当の減配を発表しました。 すかいらーく IR 剰余金の配当に関するお知らせ 「1株あたり配当金」が2018年は年38円(16...

1株配当が38円から19円と半分に減配となりました。

私が利益確定した日の配当利回りは0.97%でした。約1%です。

減配前は配当利回りも2%ほどありましたから、優待だけでなく配当もそれなりに受け取れる銘柄でした。

私がすかいらーく株を買った時は、優待と配当を合わせると6.6%ほどの利回りがありました。

現在は優待と配当の合計利回りは5%ほどでしょうか?

それでもいまだ高利回り銘柄だと思います。REITの平均利回りが4%と言いますからね。

ただ、株主優待が改悪されたら、株価はストップ安になるような予感がします・・・。

キャピタルゲイン+株主優待+配当金のトータルパフォーマンス

キャピタルゲイン +182,000円(手数料&税引前)
株主優待 +33,000円
配当金 15,141円(税引き後)
合計 230,141円

私の投資額は「788,000円(1576 × 500 = 788000)」ですが、これに対して1年ほど保有したトータルのパフォーマンスは+23万円ほどとなっています。

「すかいらーく」には、またチャンスがあったら投資してみたいと思っています。

すかいらーくの株価チャート

すかいらーくを購入したのは、2018年5月のGW後でした。詳細は以下の記事に書いています。

すかいらーく株を500株購入、株主優待で年間33,000円のお食事券がもらえます。配当金+株主優待の配当利回りは6.61%
昨日と今日、2日間で「すかいらーく」の株を500株購入しました。 年初にしたネット証券手数料比較を元に購入手数料が安い「SBI証券」で購入しました。 昨日発表された決算があまり良くなかったようで、いきなり7000円の含み...

購入時からの株価を振り返ってみたいと思います。

上のチャートは過去2年間のすかいらーくの株価チャートです。(週足)

赤い移動平均線が26週、青い移動平均線が13週です。

私が2018年5月のGW後に購入した時はちょうど26週移動平均線の上あたりで、26週移動平均線が上向く前なので買ったタイミングとしてはすごく良かったと今振り返ると思います。

このチャートを見ると、26週移動平均線より株価が下にいったら買い場と見ることもできそうです。

優待権利日前に株価が上昇する傾向がありますが、過去2回では2週間前が株価のピークとなっています。

次回は6月25日(火)が優待権利日なので、2週間前にあたる来週の11月(火)が株価のピークになるかもしれません。

私はちょっと早まったかもしれません・・・。

実際、昨日(6/7)は+37円(+1.9%)も上昇しました。

私は全て売却してしまいましたが、来週以降もすかいらーくの株価に注目していきたいと思います。

コメント