2019年6月28日(金)の含み損益は-283,966円、6月は保有銘柄の大半を売却し+45万、2019年はここまで+80万円

6月は私の保有銘柄の大半を売却(利益確定&損失確定)しました。

円高で売却タイミングとしてはイマイチでしたが、6月はトータルで45万ほど利益確定しました。

2019年6月中に売却した銘柄の損益(手数料&税引前)

  • すかいらーく:+182,000円
  • 三菱重工業:-182,000円
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:+61,100円
  • げんせん投信:-29,473円
  • ひふみ投信:+137,631円
  • ウェルスナビ:-8,200円
  • One Tap BUY:+14,875円
  • 米国ETF4銘柄+フィリップモリス:+280,673円
  • 合計:+456,606円

2019年トータルだと現時点で80万円ほどの利益確定になります。

2019年1月〜6月末までの損益(手数料&税引前)

  • アンリツ:+252,000円
  • チャームケア:+89,100円
  • すかいらーく:+182,000円
  • 三菱重工業:-182,000円
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:+61,100円
  • げんせん投信:-29,473円
  • ひふみ投信:+137,631円
  • ウェルスナビ:-8,200円
  • One Tap BUY:+14,875円
  • 米国ETF4銘柄+フィリップモリス:+280,673円
  • 合計:+797,706円+配当金

投資を開始した2015年からだと運営者情報に書いてある通り、キャピタルゲインが約264万円、インカムゲインが約35万円で合計で約300万円ほどのプラスになります。

保有銘柄がだいぶ少なくなったため、2015年12月から自分の頭の整理と忘備録のために毎月書いてきた運用成績記事ですが、今回で最後にしようと思います。

スポンサーリンク

ここまでの含み損益

投資を始めようと思ったきっかけや過去の利益確定額(キャピタルゲイン)、受け取った配当金(インカムゲイン)などは運営者情報ページに掲載しています。

2019年6月28日(金)の含み損益

◆投資信託

◎合計損益:+40,000円/+3.70%(前月:+ 175,079円/+4.62%)

投資信託は「ひふみ投信」「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」「げんせん投信」とアクティブファンドを全て6月に売却したため、現在は「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA」で保有するインデックスファンドのみの保有となりました。

セゾン投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を売却(利益確定)、+ 61,100円(税引前)
先日、2015年4月から毎月3万円ずつ積み立てていたセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を売却しました。 1,431,100(売却額) - 1,370,000(投資額) = 61,100円(税引前利益) ...
SBI証券で初めて買ったアクティブファンド「げんせん投信」を売却(損切り)-29,473円、投資信託の売却から約定、出金、着金までのスケジュール
先日、アクティブファンド(アクティブ投信)の「げんせん投信」を売却(損切り)しました。 月2万円ほどを積立して合計投資額が212,240円、受渡金額が182,776円となるので-29,473円の損失となります。 182,776...
3年半毎月3万円を積み立ててきた「ひふみ投信」を売却(利益確定)+137,631円(税引前)、なぜアクティブファンドはTOPIXとパフォーマンスを比較して「勝った負けた」と言っているのかという疑問
私の保有銘柄の中では常にエース的な存在だった「ひふみ投信」を売却(利益確定)しました。 1,397,636(売却額) - 1,260,005(投資額) = +137,631円(税引前利益) 米中冷戦に対する不安が大きい今の相場的...

私が投資を開始した2015年と比べるとインデックスファンドの信託報酬は以下のようにだいぶ下がりました。

  • 米S&P500が投資対象のインデックスファンド:0.162%
  • 先進国が投資対象のインデックスファンド:0.11772%
  • 全世界が投資対象のインデックスファンド:0.15336%
  • NYダウが投資対象のインデックスファンド:0.648%

一方、アクティブファンドはセゾン バンガード・グローバルバランスファンドを除いて全く信託報酬が下がっていません。

ここまでインデックスファンドの信託報酬が低くなると、信託報酬1.0%前後のアクティブファンドに投資する価値を見い出しずらくなってきます。

投資信託の場合、信託報酬が高いからパフォーマンスが良いということはなく、むしろインデックスファンドに負けてしまうパフォーマンスしか出せないアクティブファンドも普通に存在します。

今後は信託報酬を1.0%もとっているのに「(最弱指数である)TOPIXに勝った負けた」と言っているアクティブファンドはどんどん投資家から選ばれなくなってくると個人的には思っています。

特に、「iDeCo(イデコ)」や「つみたてNISA」といった長期投資に信託報酬1.0%前後のアクティブファンドは向かないと思っています。

コストは確定事項、リターンは不確定事項なので、0.1%台で投資できる投資信託があるのに、わざわざ約10倍のコストである1.0%の投資信託に投資するには、それ相応の理由や意味合いがないと投資価値を見い出せません。

少なくとも、私は「TOPIXに勝った」と言って満足しているアクティブファンドには、今後も投資したいとは思えなくなりました。

また、この4年半ほどで、インデックスファンドは競争原理が働きコスト的にかなり進化を遂げている印象がありますが、アクティブファンドのコストは横並びでそういった印象を持てないということもあります。

米国ではコストゼロ(信託報酬0%)のETFが登場していますが、日本のアクティブファンドもそろそろ横並びの信託報酬から脱却し、コスト競争が起こってもいい頃だと思います。

投信の手数料下げ、日米で過熱 「ゼロ」も登場:日本経済新聞(2018/8/16)

日米の投資信託市場で、手数料の引き下げ競争が激しくなっている。米国では今月、手数料の一種で、残高に応じて投資家が支払う信託報酬が全くかからない投信が初めて登場。

「とうとうここまできたか」。米運用大手フィデリティ・インベストメンツが1日、米国株と世界株の指数に連動する2つの「ゼロコスト投信」を出すと発表すると、運用業界に衝撃が走った。米株式市場では収益悪化への懸念から、競合するブラックロックやTロウ・プライス・グループの株価が急落した。

手数料の引き下げが相次ぐのは、効果が絶大だからだ。世界の投信市場では15年以降、市場平均を上回る運用を目指す株式のアクティブ投信から4650億ドルの資金が流出する一方、パッシブ投信に5800億ドルが流入した。パッシブ投信はアクティブ投信に比べて運用成果の違いを生み出しにくいため、投資家はコストに敏感になり、少しでも信託報酬が低ければ一気に乗り換えが進む。

ETFが席巻する市場(下) 信託報酬ゼロ戦略の衝撃:日本経済新聞(2019/3/8)

「信託報酬は放棄します」。2月25日、米国でオンライン融資仲介サービスを手掛けるソーシャル・ファイナンス(ソーファイ)は、投資家が負担する信託報酬がゼロ%の上場投資信託(ETF)の設定を米国当局に届け出た。。
米株に投資する同社の2本のETFの信託報酬は本来年0.19%。これを少なくとも2020年3月27日まで徴収しないという。投資家の負担は売買手数料だけとなる

増え続ける参入企業数を背景に、ETFのコストである信託報酬は低下が止まらない。
米投資信託協会によると米国の株式型ETFの平均信託報酬(純資産で加重平均)は09年の0.34%から17年に0.21%まで低下した。
上場していない伝統的な投資信託では米フィデリティがすでに信託報酬ゼロの商品を投入済み。ETFもソーファイのゼロコストETF投入をきっかけに手数料引き下げ競争が一段と加速する見通しだ。2月26日には米バンガード・グループがETF10本の信託報酬を引き下げた。

アクティブファンドの信託報酬が高い理由は、ファンドマネージャー達の給料が高いことがあると思いますが、ちゃんとリターンを出してくれるなら高い給料を投資家がコストという形で負担することに価値を見い出せますが、リターンを出してくれない人の給料は負担したいとは思えないです。。

◆ロボアド

  • THEO(テオ)(投資額29万円/月1万円積立):+2,834/+0.98%(前月:-1,921/-0.69%)

◎合計損益:+2,834(前月:-12,605)

6月にWealthNavi(ウェルスナビ)を売却したので、現在はTHEO(テオ)のみの保有となります。

ロボアド「WealthNavi(ウェルスナビ)」の積立を停止して出金(売却&損切り)、-8,200円
ロボアドの「WealthNavi(ウェルスナビ)」の積立を2019年4月に停止していたのですが、先日、すべて売却しました。 251,800(売却額) - 260,000(投資額) = -8,200円 もう少し待てばプラスで売却で...

「THEO(テオ)」は米ドルで見ると108ドルの含み益ですが、日本円で見ると2834円まで減っています。

ロボアドの投資先は米国市場に上場しているETFなので、為替の影響もかなり受けます。

株式は2%のマイナスですが、実物資産は7%のプラスです。

各銘柄の損益を見ると、米国株・日本株・新興国の株式のマイナスが大きくなっています。特に、日本株のマイナスが大きいです。

損益が一番良いのが米国のリートです。

THEO(テオ)はスマホアプリだとなぜか各銘柄の損益を見ることができないので、ここを早く改善してほしいです。

以前から「PCと同じようにスマホアプリでも時価評価額だけでなく損益も表示してほしい」と言っているのですが、まったく変わる気配がありません。。

もうPCではほぼログインしなくなってしまったので、スマホアプリでも損益を見れるようにしてほしいのですが。

◆個別株

  • レントラックス(6045/マザーズ):-326,800/-22.28%(前月:-357,200/-24.35%)

◎合計損益:-326,800/-22.28%(前月:-361,900/-12.45%)

個別株は「すかいらーく」を利益確定して「三菱重工業」を損切りしたので、「レントラックス」のみとなりました。

株主優待(食事券)がお得な「すかいらーく(3197)」を利益確定、+182,000円(手数料&税引前)
先日、「すかいらーく(3197)」を利益確定しました。 食事券の優待目的で購入した銘柄で、投資した当時はキャピタルゲインはほぼ期待していなかったのですが、私の予想に反して株価が値上がりしました。 日本人投資家は優待が好きな習性が...
買ってから一度もプラスになった記憶がない「三菱重工業(7011)」を損切り、-182,000円
先日、「三菱重工業(7011)」を売却(損切り)しました。 100株保有で「平均取得単価6,520円」「平均約定価格が4,700円」だったので、「証券会社の手数料」を引かれる前の損失額は-182,000円となります。 (4700...

「レントラックス」はいつか上昇するまでゆっくり待とうと思っています。

また、6月は「レントラックス」と「三菱重工業」で配当金を受け取りました。

レントラックスの配当金が12,113円。

配当金は源泉徴収(税率20.315% = 所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)されるので上記は税引後価格となります。

税引前だと15,200円です。

三菱重工業の配当金が5,180円、税引前だと6,500円です。

◆海外ETF・米国株

海外ETFと米国株も全て売却したので、保有銘柄がなくなりました。

為替差損がかなり出てしまったので、日本円での利益額はだいぶ減ってしまいましたが。

米国株のつみたてができるOne Tap BUY(ワンタップバイ)の「積み株」を休止して28銘柄を利益確定、+14,875円
米国株を積み立てられる「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の「積み株」を売却(利益確定)しました。 税引前利益は14,875円でした。 今年(2019年)売却(利益確定 or 損失確定)した銘柄は以下の通りです。 ...
バンガード米国ETF4銘柄と配当金で購入したフィリップモリスを売却したが円高為替差損にやられる展開、+ 280,673円(税引前)
先日、マネックス証券で2015年に購入したバンガード(Vanguard)のETF4銘柄と、このETFの配当金で購入した米国株フィリップモリスを売却しました。 3,955,090(譲渡金額)- 3,674,417(取得費等) = 280...

6月にワンタップバイ(One Tap BUY)から受け取った配当金は合計で1012円になります。

◆合計

  • 投資信託:+40,000円(前月:+175,079円)
  • ロボアド:+2,834円(前月:-12,605円)
  • 個別株:-326,800円(前月:-361,900円)

◎合計含み損益:-283,966円(前月:+28,508、前々月:+770,576、その前:+399,568、その前+740,637円)

ロイターの速報によると、米国と中国の交渉は継続で通称協議再開で合意、米国は新たな対中関税を発動しない方針を表明したそうなので、来週は円安・株高で始まる可能性が高そうです。

ただ、今後も何度もこじれて、一進一退の展開になると思いますが。

コメント