2019年3月1日(金)の含み損益は+74万円、米中ともに株価は昨年末を底に上昇傾向へ

だいぶ寒さが和らいできたと思ったら、今度は花粉症で過ごしづらい季節が続きますが、株式市場は昨年末を底に堅調な動きをしています。

2月27〜28日に行われたベトナム首都ハノイでの非核化を巡る2度目の米朝首脳会談は不発に終わりましたが、こちらはマーケットにほとんど影響を与えなかったようです。

一方、米中貿易協議では米国が中国への関税引き上げ期限(3月1日)を延期すると発表し、マーケットもそれを事前に織り込んでいたようで、米中ともに株価が上昇しています。

「米ダウ」は昨年10月の最高値から昨年末の最安値までの「半値戻し」を超えて、「2/3戻し」以上に株価が戻っています。

今後、昨年10月の最高値を目指すのか、それともたどり着くことなく逆回転していくのか?といったところでしょうか。

「S&P500」と「ナスダック」も「ダウ」と同様に2/3戻し以上に株価が戻っています。

3指数ともに、1年前と比較すると今のPER(P/E=株価収益率)に割高感は感じません。

中国の「上海総合指数」も窓を明けて大きく上昇しています。

ただ、中国では社債のデフォルトのニュースを最近よく見かけるようになっているので、株価の勢いと企業の状況は全く別物な可能性もありそうです。

中国では3月5日から11日間に渡って日本の国会にあたる「全人代」が開幕するので、ここで新たな景気下支え策などが出てきた時にマーケットがどう受け止めるのかに注目したいと思います。

日経平均株価は米中に比べると上昇していません。

ただ、日経平均先物は金曜日の終値で21,740円まで上昇しているので、明日の寄り付きは100円以上の上昇で始まりそうです。

3月は22,000円にタッチする展開もあるかもしれません。

TOPIX(東証一部上場銘柄)は直近は上げていますが、ここ1年で見ると昨年2月から下げ続けています。

マザーズも26週移動平均線に抑えられる展開が続いています。

2月28日に発表された2018年10〜12月期の「米GDP」が市場予想を上回る数値(2.6%増)だったため、リスクオンに多少傾き、米10年債利回りは2.6%から2.7%まで上昇しました。

日米長期金利の利回り差拡大を受けて(=マネーは金利が高い方へ向かう)、ドル円も上昇し、一時1ドル112円をタッチしました。

今年は円高予想が多かったですが、現状では年初のフラッシュクラッシュから円安傾向にあります。

スポンサーリンク

ここまでの含み損益

投資を始めようと思ったきっかけや過去の利益確定額(キャピタルゲイン)、受け取った配当金(インカムゲイン)などは運営者情報ページに掲載しています。

2019年3月1日(金)の含み損益

◆投資信託

◎合計損益:+275,224円/+7.69%(前月:+100,926円/+2.91%)

投資信託は1銘柄を除いてプラスになり、含み益も前月比で倍以上になっています。

特に、今年に入ってから堅調な動きをしているのが「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」です。

世界の株式と債券に50%ずつ投資できるインデックスファンドですが、26週線を上抜きました。

ひふみ投信も今年に入ってから堅調です。

ここからさらに上昇して基準価額が5万円を超えて欲しいところですが、どうなるでしょう。

ひふみアカデミー2019年2月

2019年2月の「ひふみアカデミー」です。相変わらず勉強になります。

◆ロボアド

◎合計損益:+2,748(前月:-15,282)

ロボアドはどちらもプラ転(マイナスからプラスに転換)しました。

THEO(テオ)は固い動きをしています。

株式と債券は依然としてマイナスですが、実物資産が+6.57%とパフォーマンスに貢献しています。

実物資産にも投資できるのはロボアドの醍醐味なのではないでしょうか。

THEO(テオ)のポートフォリオを見ていると、いまどこに世界のマネーが向かっているのかが見えてきます。

ただ、赤字がマイナス、青字がプラスなのが日本人としてはややこしいですね。。

日本だと赤字はプラスが一般的ですし、青ってマイナスのイメージが強いですから。

このあたりの色味は世界のスタンダードに合わせているようです。

アメリカではマイナスは赤、プラスは緑で表示することが多いので、THEO(テオ)もプラスは緑にして欲しいところです。

WealthNavi(ウェルスナビ)は米国株とゴールド、不動産がプラスです。

◆個別株

  • レントラックス(6045/マザーズ):+81,700/+5.57%(前月:-201,400/-13.73%)
  • チャームケア(6062/東一):+70,500/+16.61%(前月:+3,300/+0.78%)
  • すかいらーく(3197/東一):+69,000/+8.76%(前月:+115,000/+14.59%)
  • 三菱重工(7011/東一):-198,300/-30.41%(前月:-233,100/-35.75%)

◎合計損益:+22,900/+0.69%(前月:-137,800/-3.47%)

2月は「アンリツ(6754)」を利益確定しました。

5G銘柄「アンリツ(6754)」を利益確定して+252,000円(手数料&税引前)
今週、5G銘柄の「アンリツ(6754)」を利益確定しました。 400株しか保有していませんでしたが、「平均取得単価1,590円」で「平均約定価格が2,220円」だったので、「証券会社の手数料」と「税金」を引かれる前の利益額は25万20...

久しぶりの個別株の利益確定になります。

含み益はバーチャルな数字で、利益確定して始めてリアル(現実)になるので、個別株投資に関しては今はしっかりと利益を出すことにこだわっています。

今後、さらに経験を積んでいく過程で、少しずつ利食いを伸ばせていければと思います。

「三菱重工」のみがマイナスですが、2月に過去1年のレンジを上抜きました。次の節目は2017年10月の高値ですが、来週あたりサクッと上抜けてくれるといいのですが・・・。そろそろ、MRJの良いニュースが出て欲しいところです。

3月は半ばに「すかいらーく」の優待カードが届く予定です。

9月に受け取った15,000円分の優待カードは先日すべて使い終わったので、次の優待カードが届くのが待ち遠しいです。

すかいらーくから配当金8000円、株主優待カード15000円分を受け取りました。合計23,000円
週末に、私が投資している「すかいらーく」から「配当金」と「株主優待カード」を受け取りました。 すかいらーく株を買った時の記事はこちらです↓ すかいらーく株を500株購入、株主優待で年間33,000円のお食事券がもらえます。配当金...

◆海外ETF・米国株

海外ETFは信託報酬が最安値で歴史もある「バンガード(VANGUARD)」の4銘柄にマネックス証券で投資しています。

さらに、4銘柄のETFから受け取った配当金で「PM(フィリップモリス)」を購入しました。

加えて、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」でも、米国株28銘柄を積み立てています。(毎月1銘柄につき1000円積立)

  • VOO(米国S&P500に連動):+221,318(前月:+139,942)
  • VTI(米国市場のほぼ100%に投資):+201,201(前月:+116,999)
  • VT(全世界):+32,501(前月:-14,288)
  • PM(フィリップモリス):+9,593(前月:-14,967)
  • VWO(新興国):-66,854(前月:-93,945)
  • One Tap BUY(米国株積立):+42,006(前月:+9,039)

◎合計損益:+439,765円(前月:+142,780円)

海外ETFと米国株は先月比で含み益が3倍になっています。

円ベースだと40万弱の含み益となっています。ドル円の為替レートが1ドル115円くらいになると、もうちょっとパフォーマンスが良くなるのですが。

トレードステーション」で米ドルベースで見ると、全てプラスです。ちなみに、プラスは緑で表示されています。

バンガードと言えば、ただでさえ低い経費率(年間コスト)がまた下がりました。

2019年バンガードETFおよび米国籍投資信託の経費率改定のお知らせ(2019年2月27日)

  • VWO(新興国):0.14% → 0.12%
  • VGK(ヨーロッパ):0.10% → 0.09%
  • VT(全世界):0.10% → 0.09%
  • VYM(米国高配当):0.08% → 0.06%

ちなみに、VOO(米国S&P500)は0.04%、VTI(米国市場のほぼ100%)は0.04%です。

バンガードのETFに投資するなら、スマホアプリ「トレードステーション」でパフォーマンスをチェックできる「マネックス証券」が個人的にオススメです。

「One Tap BUY」もプラスです。ボーイングが+8105円とパフォーマンスに一番寄与しています。

「One Tap BUY」から2月に受け取った配当金です。

◆合計

  • 投資信託:+275,224円(前月:+100,926円)
  • ロボアド:+2,748円(前月:-15,282円)
  • 個別株:+22,900円(前月:-137,800円)
  • 海外ETF・米国株:+439,765円(前月:+142,780円)

◎合計損益:+740,637円(前月:+90,624円)

2月は含み益が大幅に増えました。アンリツを利益確定していなかったら100万円くらいの含み益になっていました。

昨年末は90万弱の含み損状態だったので、この2ヶ月で一気に変わりました。

3月は29日にイギリスEU離脱があるので、その前にネガティブなニュースが出てこないといいのですが・・・。

コメント