5G銘柄「アンリツ(6754)」を利益確定して+252,000円(手数料&税引前)

今週、5G銘柄の「アンリツ(6754)」を利益確定しました。

400株しか保有していませんでしたが、「平均取得単価1,590円」で「平均約定価格が2,220円」だったので、「証券会社の手数料」と「税金」を引かれる前の利益額は25万2000円となります。

(2220 – 1590) × 400 = 252,000円

個別株に関しては、2018年は1銘柄も利益確定できませんでしたが、2019年はいいスタートを切ることができました。ただ、早すぎる利食いだった可能性もありそうですが。。

スポンサーリンク

スマホアプリで約定情報を確認

個別株に関しては、私はSBI証券で売買していますが、SBI証券のスマホアプリでは、上記の画面が約定当日のみ見られるだけで、翌日になるとこういった情報は見られなくなります。

あくまでも、「売買の約定情報の詳細はパソコンの管理画面で」ということのようです。

ピンクの枠で囲った「手数料・諸経費」と「課税額譲渡益税」が証券会社の税込手数料となります。

「課税額譲渡益税」は消費税(現状8%)のことです。

というわけで、「証券会社の手数料」は合計498円となります。(462 + 36 = 498)

大手ネット証券の手数料に関しては以下の記事に詳しく書いています。

2019年10月、ネット証券の日本株・米国株・海外ETFの手数料比較(随時更新中)
※2019年10月から消費税が8%から10%に増税されたので、手数料を最新のものに更新しました。また、2019年7月に米国株の最低取引手数料も5ドルから0ドルに下がりました。 証券会社の手数料は年々変わっていきます。 顧...

現状では、GMOクリック証券で売買するのが、一番コストを抑えることができるようです。私は4社すべてに口座開設済みですが、使い慣れているのでSBI証券で売買しています。

次に、より詳しい約定情報をパソコンの管理画面で確認したいと思います。

パソコン管理画面で約定情報を確認

ログイン後、上のメニューから「口座管理 – 取引履歴」と進みます。

ただし、約定日当日は情報が掲載されず、約定日の翌日から見ることができます。

買った時と売った時の約定履歴を確認

「口座管理 – 取引履歴」と進むと、最初に「約定履歴」のページが表示されます。

ここで「株式現物」にチェックを入れ、銘柄コードを入力して、約定日を選択して「照会」ボタンをクリック。

買った時と売った時の約定履歴が全て表示されます。

私はいつ買ったのかはっきり覚えていなかったのですが、10/11に200株買って、10/29と12/25にナンピン買いをしたことが分かります。

12/25はクリスマスショックで多くの銘柄が暴落していたので、ビビりながら100株だけ買った記憶があります。

今思うと、300株くらい買っておけばよかったと思いますが、当時の私にそんな勇気はありませんでした。。

4ヶ月の保有で25万プラスなので効率は良かったかもしれません。

「アンリツ」は2018年5月に開催されたひふみ投信の「ひふみの運用報告会」に参加したことをきっかけに知った銘柄でした。

「ひふみの運用報告会」で「今後は5G銘柄が来ると思う」と言っていて、家に帰ってから5G銘柄を調べて「アンリツ」を知りました。

ただ、この時はすでに株価が右肩上がりの上の方にあったので、買うことができませんでした。

いま振り返ると、この時に買っておけば、1500円以下で仕込めたので、もっと儲かったのですが。

譲渡益税明細を確認

次に「譲渡益税明細」を確認します。

先ほどの「約定履歴」と同じページの2つ右のボタンをクリックすると表示されます。

ここでは売却した時の情報のみです。

私は「特定口座(源泉徴収しない)」という設定にしているので、売却時点で引かれるのは証券会社の手数料のみです。

来年の確定申告で、売却した全銘柄を損益通算して自分で申告する設定にしています。

上の画像だと青いラインが証券会社の手数料(税込)です。合計498円となります。(124 + 250 + 124 = 498)

ピンクのラインを引いた「損益金額合計:251,502円」が手数料を引いた後の金額となります。

252,000(手数料&税引前の利益) – 498(手数料) = 251,502(税引前利益)

ここから20.315%(所得税15.315%+住民税5%)の税金が引かれます。

251,502(税引前利益) × 0.20315(税率) = 51092.6313(税額)

251,502 – 51,092 = 200,410円(税引後利益)

よって、税引き後の利益は20万410円となります。

アンリツのチャートを確認

アンリツは1/31から窓を明けて大きく上昇しました。

私は含み損には慣れているのですが、大きく含み益が出ることには残念ながら慣れていなかったので、毎日ドキドキしながらチャートを見ていました。

とりあえず、日足で陽線が出ている間はついていこうと思っていたので、日足で陰線が出そうと思った2/12の後場に成行で利益確定しました。

上昇に勢いがあったので、「早すぎる利食いになるかもしれない・・・」と思ったのですが、とりあえず2019年の早い段階で利益を出しておこうと判断しました。

週足で見ると、ボリンジャーバンド2シグマを上に超えています。

楽天証券のスマホアプリで見た日足のボリンジャーバンドです。

ここから調整するのか?それとも、横ばい後に第二波で上昇するのか?急落して窓を埋めてくるのか?といったところでしょうか。

昨日のSBI証券のPTS(夜間市場)では、年初来高値を更新しています。

昨日は米国市場が大幅上昇したので、来週の月曜日は日本市場も上昇で始まると思います。

アンリツもさらに上昇しそうな雰囲気を感じます。

早すぎる利益確定だったかもしれませんが、「プラスで終えられてよかった」と思うようにしています。

他の保有銘柄もそろそろ大幅上昇してくれるといいのですが・・・。

コメント