楽天証券のマーケットスピードⅡ(マケスピ2)を使ったみた感想、サクサク動作し、無料だけど使いこなせないくらい高機能。

Pocket

2018年10月28日(日)に楽天証券から「マーケットスピードⅡ(マケスピ2)」がリリースされました。

リリース前の紹介動画がこちらです。

デイトレーダー向きのトレーディングツールでしょうか?

私は自分が投資している銘柄のチャート分析をしたかったので、ダウンロードしてみました。

「マーケットスピードⅠ(マケスピ1)」はMAC版もありましたが、「マーケットスピードⅡ(マケスピ2)」はWindows版のみになります。

利用料金は「2,500円(税込2,700円)/利用期間3カ月間」ですが、以下の条件を満たすと無料で使うことができます。

  • はじめてのご利用(利用申請から3ヶ月間無料)
  • 信用口座、先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座を開設
  • マネーブリッジ・自動入出金(スイープ)を設定している(楽天銀行の口座開設が必要)
  • お預り資産残高30万円以上
  • 申請時の預り金残高が30万円以上
  • 国内株式、米国株式、中国株式、先物オプション、カバードワラントで過去3カ月に所定のお取引実績がある(IPO・PO・立会外分売は含まれない)

楽天証券は今年からIPOにも力を入れているようなので、IPO資金用に30万円ほど事前に入金しておけば「お預り資産残高30万円以上」「申請時の預り金残高が30万円以上」の条件が満たせるため無料で使えます。

また、「ネット証券の日本株・米国株・海外ETFの手数料比較」に書いた通り、日本株の個別株投資の売買手数料に関しても、SBI証券と同額でかなり安いです。

マーケットスピードⅡ(マケスピ2)の画面

私は「マーケットスピードⅠ(マケスピ1)」をWindowsとMacでたまに使っていたのですが、「マーケットスピードⅡ(マケスピ2)」を使ってまず思ったことは動作がサクサクと軽いということです。

また、見た目も良くなっており、だいぶ見やすくなったという印象を受けました。

ただ、すごく高機能なので、私は全く使いこなすことはできていません・・・。

さっそくですが、私が投資している「アンリツ(6754)」のチャートをチェックしてみます。

「アンリツ」は次世代通信の5G銘柄の1つで、先日のひふみアカデミーでは「ひふみ投信」も投資していることを知りました。

これは「アンリツ」の日足チャートです。

私はシンプルに移動平均線と出来高とRSIだけ表示してみました。

初期設定では日足の移動平均線は5日・25日・75日、週足の移動平均線は13週・26週・52週です。

RSIは70以上なら割高、30以下なら割安といったことを示すオシレーターです。

「アンリツ」のRSIは80以上になっているので、かなり買われすぎ状態のようです・・・。

週足チャートを見ても、3つの移動平均線は上向きになっており、ローソク足も移動平均線の上にあります。

私の平均取得単価は1,657円なので、ちょうど26週移動平均線(オレンジ色)のあたりになります。

チャート上で右クリックすると、メニューが出てきます。

トレンド系のテクニカル指標。

オシレータ系のテクニカル指標。

数が多くて、私はほとんどの指標がどんな使い方をするのか分かりませんが・・・。

移動平均線を消して、ボリンジャーバンドを表示させてみました。

複数のテクニカル指標をチャート上に表示することもできます。これは、移動平均線とボリンジャーバンドと一目均衡表です。

ゴチャゴチャになってワケが分からなくなっていますが。

個別銘柄だけでなく、「日経225」のような株価指数のチャートもチェックできます。

これは「S&P500」。

これは「ドル円」です。

株価指数や為替だけでなく、石油などのコモディティのチャートもチェック可能です。

各種ランキングも表示できます。これは「配当利回り」ランキングです。

これは「低PBR」ランキング。地銀が多いですが、地方銀行の経営環境の厳しさを感じることができます。

これは「値上がり率」ランキングです。

いつか自分が投資している銘柄がこのランキングに入ってくれたらいいのですが・・・。

「業種別指数一覧」で「不動産業」を選んでみました。

私が「面白いな」と思ったのが、「銘柄ナビ」の「テーマ別銘柄検索」です。

「5G」があったので、選んでみると「アンリツ」が一番上にあります。

「人工知能」の関連銘柄。

「セルフレジ」の関連銘柄。

「仮想通貨」の関連銘柄。

他にも様々なテーマで関連銘柄を見ることができます。銘柄探しの参考になりそうです。

「銘柄ナビ」では「チャート形状検索」もできます。これは「下げとまった」というチャート形状で出てきた銘柄です。

スルガ銀行は下げ止まったようです。

他にも色々な機能があって、正直わたしには全く使いこなせませんが、それでもこれほど高機能なトレーディングツールが無料で利用できるのはすごいことだと思います。

「マーケットスピードⅡ(マケスピ2)」を使えるだけで、楽天証券に口座開設する価値はあると感じています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です