マネックス証券からSBI証券へのNISA口座変更手順とかかった期間、SBI、楽天、マネックスの「つみたてNISA」の仕様の違い

Pocket

当ブログのコメント欄で教えてもらったのですが、楽天証券では「つみたてNISA」の積み立てペースを「毎月」だけでなく「毎日」も選べるそうです。

私が調べたところSBI証券だと、「毎日」「毎週」「毎月」の3つから選べました。

しかし、私がNISA口座を開設したマネックス証券では「毎月」のみしか選べませんでした。

私は「毎日積立ってすごいな。究極のドルコスト平均法だな。」と思ったので、急遽、マネックス証券からSBI証券にNISA口座を変更することにしました。

NISA口座の変更手順とかかった期間

私の場合、マネックス証券からSBI証券にNISA口座を変更しましたが、NISA口座を既存の証券会社から別の証券会社に変更するには、以下の手順を踏みます。

また、かかった期間も掲載します。

  1. (初日)マネックス証券にNISA口座廃止を伝える。
  2. (初日)SBI証券にNISA口座を他社から変更したいと連絡し、NISA口座開設に必要な書類を送ってもらう。(SBI証券でNISA口座開設申請)
  3. (3日後)マネックス証券から「金融商品取引業者等変更届出書」が届く。署名してマネックス証券に返送する。
  4. (7日後)マネックス証券から「廃止通知書」が届く。「廃止通知書」と「運転免許証のコピー」をSBI証券から届いた必要書類と共にSBI証券に郵送する。
  5. (22日後)SBI証券でNISA口座(つみたてNISA)の開設が完了する。
  6. (23日後)SBI証券で「つみたてNISA」の商品設定をする。

上記のように、NISA口座の証券会社の変更は約3週間で終わりました。

ただ、今回はマネックス証券が「速達」で対応してくれたので、通常なら1ヶ月くらいは見た方がいいかもしれません。

私は「できるだけ早く積立NISAを始めたいと思っています。」とは伝えましたが、「速達で送って下さい」とはひとことも言っていないのに、マネックス証券は速達対応してくれました。

マネックス証券の”おもてなし”を感じました。ありがとうございます。

最初に、マネックス証券から「金融商品取引業者等変更届出書」が届きました。

「お申込日」にその日の日付を書いて、氏名を書き、マネックス証券に返送しました。

後日、マネックス証券から「廃止通知書」が届きました。この書類は何も書き込む必要はありません。

これはSBI証券のNISA口座開設書類です。

名前だけ書き、この書類と先ほどの「廃止通知書」と「運転免許証のコピー」を封筒に入れ、SBI証券に郵送しました。(マイナンバーはすでに届け済み)

申請から約3週間後、SBI証券にログインしたら、NISA口座の開設完了のお知らせがありました。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券の「つみたてNISA」の仕様の違い

私は当初、「つみたてNISA」の仕様が証券会社によって違いがあることは知りませんでした。

私はSBI証券楽天証券マネックス証券に口座開設しているので、電話で色々と質問させて頂き、返答をもらった結果をまとめます。

2018年2月現在
SBI証券 楽天証券 マネックス証券
積み立てペース 毎月
毎週
毎日
毎月
毎日
毎月
銀行引き落とし 対応
※「毎日」積立でも引き落としは月1回なので可能
対応
※「毎月」積立のみ対応
非対応

こうやって見ると、SBI証券の仕様が一番柔軟に見えます。

ただ、今後、各社ともに同じようになっていく可能性はありますが。

私は「毎日積立(究極のドルコスト平均法)」と「銀行引き落とし対応」を重視して、SBI証券で「つみたてNISA」をすることにしました。

私の場合、ソニー銀行を「投資信託の積立専用銀行」にしているので、年初に年間の積立額をまとめて入れておき、あとはほったらかしにしています。

ただ、iDeCo(イデコ)だけはネットバンクに対応していないので、メガバンクから引き落とししているのですが・・・。

iDeCo(イデコ)も早くネットバンクに対応して欲しいと思いますが、おそらく当分は対応しないと思われます。。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です