米国株の急落を受けて世界同時株安に、私の含み益も大幅減少。。

Pocket

昨晩は米国株は売りが売りを呼ぶ展開となり、大幅に下落しました。

それを受けて、本日の日本株も大幅に下落しています。

節目は20と言われている「VIX(恐怖指数)」は37.3と異様に高くなっており、2016年2月の世界同時株安の再来のような雰囲気になっています。

私の含み益もだいぶ減ってしまいました。。

各国の株価

Yahooファイナンスで、この記事を書いている段階(2018年2月6日12時頃)の各国の株価をチェックしてみたいと思います。

NYダウが1175ドルも下落し、1日の下げ幅としては過去最大だそうです。

ただ、下げ率では4.6%と過去の◯◯ショックの時のように大きくはありません。

米国市場はナスダックも3.78%下落、S&P500も4.10%下げています。

アジアでは日本の下げ幅が一番大きくなっています。

日経平均株価は1000円以上も下げ、2017年10月頃の水準まで落ちています。

ドル円も108.7円まで円高が進んでいます。

ヨーロッパは現状では下げ幅は低いですが、上のデータは昨晩の米国市場の前なので、今日の夕方以降の展開に注目です。(欧州市場は日本時間の夕方、米国市場は日本時間の夜にオープン。)

米国下げ、日本下げの流れを受けて大きく下げるのか、それとも・・・。

私の含み益も大幅減少

株価急落を受け、私の含み益も大幅に減少しています。

まず、米国株29銘柄に毎月1000円ずつ積立している「One Tap BUY」は一気に2500円ほどのマイナスになってしまいました。。

ちょっと前まで15000円ほど含み益が出ていたのですが。。

こんな状況ですが、アマゾンとボーイングだけは1000円以上の含み益が出ています。

次に、マネックス証券で投資している米国ETF4銘柄です。

ちょっと前は、VOOが40%プラスだったのですが、今は27%まで含み益が減っています。

ただ、VWO(新興国)の下落幅は少ないようです。

私が毎月積立している投資信託では、まず「ひふみ投信」が1569円も下げています。

ひふみ投信がこれだけ下げるのは非常に珍しいので、押し目買いしてくる投資家もいそうです。

ただ、投資信託はリアルタイムでは買えず、実際に約定されるのは2日営業日後とかになりますが。

一方、世界の株式と債券に50%ずつ投資する「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」は上昇しています。

一時、2.85%まで上昇した米国10年債利回りが2.6%台まで落ちてきているので、債券価格は上昇しているからでしょうか?(債券の場合、利回りが下がると価格は上がる。)

セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」は債券が半分入っているので、株価暴落局面では債券がクッションの役割となり、下落相場でも大きく下げない安定感を感じます。

個人的に下げ相場に強そうなイメージを持っているロボアドの「THEO(テオ)」ですが、1400円ほどマイナスになっています。

ただ、米ドルベースだと10ドルほどプラスです。ここ数日で円高が進んでいるので、円ベースで見ると為替差損が出てしまいます。

THEO(テオ)」は様々な銘柄に分散投資していますが、円ベースでプラスになっているのは「コモディティの先物」と「金(現物)」のみです。

ロボアドの「WealthNavi(ウェルスナビ)」は円ベースだと1392円のマイナス、ドルベースだと7.61ドルのプラスです。

円ベースでは「新興国」と「金」のみがプラスです。

こんな感じで、だいぶ含み益が減っていますが、気になるのは今後の展開です。

日本市場は後場に入っても下落基調が進んでいます。

これを受けて、夕方からの欧州市場、夜の米国市場がどう動くのか?

特に、今夜のNYタイムには注目したいと思っています。

米国の経済指標は好調なので、そろそろ流れが変わるじゃないかと思っているのですが、どうなることでしょう・・・?

今日は買い場という見方も・・・

これ以上、下げないで欲しいですが、見方によっては今は仕込み場になる可能性もあります。

2016年2月の世界同時株安の時も、2015年8月のチャイナショックの時も、後から振り返ると数少ない仕込み場でしたから。

私は米国ETFから出た配当金が10万円以上あるので、この配当金で昨晩からヨーロッパ市場に投資するバンガードのETF「VGK」を指値注文しています。

私が指値した額まで落ちてきたら約定されます。

今回の世界同時株安の流れを振り返ると、私は以下のようにざっくり解釈しています。

・去年はなかなか上がらなかった米国債10年利回りが急上昇(一時2.85%まで上昇)
 ↓
・債券価格が下落(=利回り上昇 ※債券は利回りと価格が逆相関)
 ↓
・元々、割高に感じていた米国株が、債券価格が下がったことでさらに割高に見えてくる
 ↓
・割高に感じる株式を利益確定の売り
 ↓
・売りが売りを呼ぶ展開に
 ↓
・リスクオンからリスクオフに逆回転
 ↓
・AIなどのプログラム取引によって下落加速(フラッシュ・クラッシュ)
 ↓
・世界同時株安

ただ、世界的に企業の業績は良いですし、米国の経済指標も非常に良いです。昨日のISM非製造業景況指数も市場予想56.7のところ59.9と予想を上回る結果が出ています。先日の米雇用統計も予想を上回る結果でした。

そういう意味は、今日は買い場のようにも見えてきますが、どうなるでしょうか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です