米国株、連続増配年数と高配当利回りトップ10企業

Pocket

今日、本屋でこの本を買いました。

米国会社四季報2016年春夏号[雑誌]
米国会社四季報2016年春夏号[雑誌]

アメリカの企業の四季報です。

雑誌とありますが、実際は本ですね。500ページ以上あるので分厚い本って感じです。

この評判の良い本と大きさと厚みは変わりません。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

米国会社四季報2016年春夏号は、まず最初に「注目企業99社」が紹介されています。

その後、「有力・成長企業540社」として、セクターごとに各企業の詳細データが掲載されています。

それから、「ETF編」として以下の会社のETFが紹介されています。

  • Direxion
  • iシェアーズ
  • マーケット・ベクトル
  • パワーシェアーズ
  • SPDR
  • バンガード
  • ウィズダムツリー

最後に以下のランキングが掲載されています。

  • 時価総額
  • 売上高(営業収益)
  • 純利益増益額
  • 連続増配年数
  • 高配当利回り(予想)
  • 低PBR
  • 低PER
  • 高ROE
  • フリーCF高増加率
  • ネットキャッシュ

今回は「連続増配年数」と「高配当利回り(予想)」に絞って、TOP10のみ紹介したいと思います。実際はTOP50まで掲載されていますので、興味のある方は本を手にとって見て下さい。(Kindle版もあります)

米国株、連続増配年数 TOP10

※配当利回りはYahoo Financeで見ることができる今日付のデータを掲載

社名 増配年数 配当利回り 上場 業種分類 備考
ドーバー(DOV 60年 2.55% 1958年 資本財 工場製品・設備メーカー
エマソン・エレクトリック(EMR 59年 3.43% 1944年 資本財 電気電子機器製造のコングロマリット
プロクター・アンド・ギャンブル(PG 59年 3.25% 1950年 家庭用品・パーソナル用品 日用品メーカー
パーカー・ハニフィン(PH 59年 2.22% 1964年 資本財 車両、船舶、航空宇宙などの制御技術
ジェニュイン・パーツ(GPC 59年 2.65% 1968年 小売 自動車や産業用の部品、オフィス用品、電子機器
スリーエム(MMM 58年 2.63% 1946年 資本財 化学・電気素材を核とした多角経営
シンシナティF(CINF 55年 2.91% 保険・不動産 総合保険サービス
ロウズ・カンパニーズ(LOW 54年 1.45% 1979年 小売 ホームセンター
コカ・コーラ(KO 53年 3.04% 1950年 食品・飲料・たばこ 飲料メーカー
コルゲート・パルモリーブ(CL 53年 2.19% 1930年 家庭用品・パーソナル用品 家庭用品、世界で初めて練り歯磨きを販売
ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ 53年 2.72% 1944年 医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス 総合ヘルスケア

私はこの11社のうち、6社は初めて知った企業です。

連続増配年数トップ企業は比較的地味なメーカーが多いということです。

米国株、高配当利回り(予想) TOP10

※予想配当利回りはYahoo FinanceやGoogle Financeで見ることができる今日付のデータを掲載

社名 予想配当利回り 上場 業種分類 備考
ONEOK(OKE 7.77% 1954年 エネルギー エネルギーインフラ会社、天然ガスパイプライン事業
フロンティア・コミュニケーションズ(FTR 7.76% 1972年 電気通信サービス ブロードバンド、電話、ビデオ、無線インターネットなどの通信会社
センチュリー リンク(CTL 6.70% 1972年 電気通信サービス 全米3位の通信会社
PDLバイオファーマ(PDLI 5.51% 1992年 医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス 特許でロイヤルティを得る高収益バイオ企業
シーゲイト・テクノロジー(STX 9.85% 2002年 テクノロジー・ハードウェアおよび機器 ストレージ・プロバイダの世界大手
マーフィー・オイル(MUR 4.91% 1961年 エネルギー 原油、天然ガスの探査・生産事業
ナビエント・コーポレーション(NAVI 5.04% 1983年 各種金融 教育ローンの管理・回収
ナショナル・オイルウェル・バーコ(NOV 6.64% 1996年 エネルギー 石油掘削機器メーカーの米国最大手
スペクトラ・エナジー(SE 5.51% 2007年 エネルギー エネルギーの中流事業会社
CMEグループ(CME 2.62% 2002年 各種金融 先物オプション市場の運営会社

日本郵政が上場するとき、配当利回り3%で高利回りと紹介されていましたが、米国株だと5%以上もざらって感じですね。

ただ、株価の下落で利回りを高めているケースは要注意ということです。

予想配当利回りは「予想配当金額 ÷ 株価」で算出されています。

最後の「CMEグループ」の予想配当利回りは本では5.45%と掲載されています。

米国株はSBI証券マネックス証券などのネット証券で購入できます。

私は米国ETFをマネックス証券で購入しましたが、管理画面はSBI証券の方が使いやすいですし、住信SBIネット銀行で米ドルを購入してSBI証券で米国株を買うのが、手数料としては一番安く済みます。(2016年10月現在)

詳細は以下のページを御覧ください。

SBI証券、米国株や米国ETFの取引手数料の値下げを発表!(2016年7月9日)

SBI証券、マネックス証券、楽天証券の米国ETFトータルコスト(手数料)を比較(2016年5月26日)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です