株式投資、初めての売却による利益確定は日本郵政で19,767円

今年から株式投資デビューし、今まで買ってばかりで売ったことがなかったのですが、本日初めて売却し、19,767円を利益確定しました。

日本郵政を売却

これを見ると、最初に取引手数料を引かれ、その後、税金を引かれるようですね。

私は日本郵政のIPOで100株だけ当選しました。

公開価格は1400円だったので、14万円を投資したことになります。

そして、本日、1650円で売却しました。

その結果、約定金額は165,000円になりました。

そして、カブドットコム証券の売買手数料をここから引かれます。

カブドットコム証券は本日から売買手数料の改定をしたようで、今まで手数料が高いネット証券でしたが、今日からはどちらかと言うと手数料が安いネット証券になっています。

ネット証券の売買手数料については以下の記事に詳しく書いています。

ネット証券の国内株式の売買手数料を比較

カブドットコム証券の場合、10〜20万円の売買手数料は180円です。消費税込みだと194円になります。

先ほどの約定金額「165,000円」から、売買手数料「194円」を引くと、「164,806円」になります。

「164,806円」から元本の「140,000円」を引くと、利益が「24,806円」となります。

私の口座は「特別口座(源泉徴収あり)」なので、この利益「24,806円」から20.315%の税金が引かれます。

24,806 x 0.20315 = 5039.3389

小数点以下は切り捨てなので、「5,039円」の税金が課税されるということです。

24,806 – 5,039 = 19,767円

というわけで、初めてのIPO、そして初めての売却による利益確定額は「19,767円」となります。

株式投資による儲けとしては、決して大きな金額ではないかもしれませんが、普通にうれしいです!

学生時代、建築現場でアルバイトをしていましたが、あの時の日給はマックスで13000円でした。それよりも、6000円以上多いですからね。

さて、本日得た利益「19,767円」と元本「140,000円」を足した「159,767円」を、今後のIPO資金に回していきたいと思います。

ちなみに、「特別口座(源泉徴収あり)」だと証券会社が確定申告をするので、自分で確定申告をする必要がありません。

※追伸

翌日、159,767円を一旦、銀行に出金しようとしたのですが、利益確定した金額は4営業日以降じゃないと出金できないようですね。

これはどこの証券会社でもそうなんだそうです。知りませんでした・・・。

来週以降に出金して、別の証券会社に入金して今後のIPOの資金にしたいと思います。

コメント