バンガード トータル ストック マーケット(VTI)の概要・保有銘柄・国別構成比率

私が投資している「バンガード トータル ストック マーケット(VTI)」について改めてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

関連サイト

概要

  • 設定日:2001年5月24日
  • ベンチマーク:CRSP USトータル・マーケット・インデックス(CRSP US Total Market Index)
  • 経費率(Expenses / 信託報酬):0.05%
  • 配当利回り(Yield):1.84%(四半期毎)※2015年8月31日現在
  • グロースおよびバリュースタイルに分散した大型・中型株・小型株に投資。

ベンチマーク「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」について

  • 米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバー。
  • 米国株式市場を正確に表しつつ、売買回転率を低く抑えるように作られている。

20150913_1

保有上位10銘柄

※2015年7月31日現在

  1. Apple Inc.(アップル)
  2. Google Inc.(グーグル)
  3. Microsoft Corp.(マイクロソフト)
  4. Exxon Mobil Corp.(エクソンモービル)
  5. Johnson & Johnson(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
  6. Wells Fargo & Co.(ウェルズ・ファーゴ)
  7. Berkshire Hathaway Inc.(バークシャー・ハサウェイ)
  8. General Electric Co.(ゼネラル・エレクトリック)
  9. JPMorgan Chase & Co.(JPモルガン・チェース)
  10. Pfizer Inc.(ファイザー)

※純資産総額に占める上位10銘柄の割合:14.2%

セクター別の構成比率

※2015年7月31日現在

  1. Financials(金融):19.40%
  2. Technology(テクノロジー):15.70%
  3. Health Care(ヘルスケア):14.60%
  4. Consumer Services(消費者サービス):14.00%
  5. Industrials(資本財・サービス):12.40%
  6. Consumer Goods(消費財):9.90%
  7. Oil & Gas(石油・ガス):6.50%
  8. Utilities(公益事業):2.90%
  9. Basic Materials(素材):2.50%
  10. Telecommunication Services(通信サービス):2.10%

管理人の感想

VOOはアメリカの大企業中心ですが、VTIはアメリカの中小企業も含めて幅広く投資できます。

どちらも米国の企業のみに投資なので、「保有上位10銘柄」は同じのようですね。

コメント