2015-09

勉強のために読んだ本

学校では資産を築く方法やお金を管理する方法は教えてくれない。

遅かれながら、私もこの本を読んでみました。 資産形成を考えた時に、誰もが手にとる一冊だと思います。 改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) オリジナルは2000年に出版され、...
0
勉強のために読んだ本

資本主義とは自己増殖するシステムだから世界市場全体に投資する

以前から読みたいと思っていた橘玲さんの本を読んでみました。 まずは、友人に勧められたこの本から。 臆病者のための株入門 (文春新書) 2006年4月に出版された本です。 この人の本を読むと、世の中の見え方がちょっと変...
0
勉強のために読んだ本

国家と国民、インフレとデフレ、為替、通貨安戦争、国家破産対策

フリーターから資産家になった男が教える 億の富の作り方 この本は2011年3月20日に出版されていますが、著者が本を書いているのは2011年初頭ということです。 2011年3月11日に東日本大震災が起きているので、著者がこの本を...
0
勉強のために読んだ本

身近なお金にまつわることを全て学びたい人が読むべき本

お金に対するリテラシーをもっと高めたいと思い、アマゾンで色んな本を物色していたところ見つけたのが、池上彰さんの「お金の学校」という本です。 知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書) 2011年10月に発売された本です。...
0
勉強のために読んだ本

これから個別株銘柄の投資を始める人が最初に読むべき本

株式投資を始めようと思った時に1つ思ったことは、「専門用語が多すぎて意味が分からない・・・」ということです。 とにかく、「株式投資って難しそう」という印象しかありませんでした。 私の場合、投資信託の本から読み始めたので、投資信託...
0
勉強のために読んだ本

三井不動産社員が書いた買ってはいけないマンションの見分け方

マンション購入って、人生で一番高額な買い物になるにも関わらず、情報が少ないです。 なので、事前に不動産業界のことをある程度、自分で勉強しておく必要があります。 この本には現役の三井不動産の人が書いた「買ってはいけないマンションの...
0
勉強のために読んだ本

空室が増える日本でのマンションの選び方

いつも読んでいる不動産ブログがあります。 それは榊淳司さんのブログです。 その榊淳司さんが書いた本が2015年4月に発売されたので、読んでみました。 やってはいけないマンション選び ブログ同様に、遠慮なくビシバシと業...
0
勉強のために読んだ本

アクティブファンドへの投資は会費が有料のファンクラブに入るようなもの

山崎元さんの本って好きなんですよね〜。 この人ほどウソがないというか、正直かつ知的な視線で物事を考える人っていないと思います。 少なくても、私が読んだ本の著者の中では。 というわけで、アマゾンのランキング上位に常に入ってい...
0
勉強のために読んだ本

ほったらかしの長期運用が実は一番安定的に儲かる

2010年12月に発売されて、投資信託をやっている人やインデックス投資家の多くの人が影響を受けている「ほったらかし投資術」の全面改訂版が2015年6月に販売されたので、さっそく読んでみました。 全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書...
0
勉強のために読んだ本

個人投資家が勝ち続けるために知っておくべきニュースの読み方

本の帯に「日経新聞はいらない。ロイターで差をつけろ!」とあり、このフレーズのインパクトが大きかったので、読んでみました。 日経新聞のウェブサイトって有料で、しかも月額4200円と高い。。 どうせなら、無料のロイターで済ませたいと...
0