サラリーマンの生涯収入は2億5000万円、年間267万円、月々22万円

近所の本屋で大々的に宣伝していたのと、4月3日のアマゾンの「投資・金融・会社経営のベストセラー」で1位だったので買ってみました。

アマゾンランキング

お金が貯まるのは、どっち!?
お金が貯まるのは、どっち!?

読んでみた感想ですが・・・うーん、どうなんでしょうか?

すでにある程度のマネーリテラシーがある人なら読む必要はないと思います。

「財布はお金の家だから、長財布を使う。財布を大切に使うとお金が増える。」とか書いてあるし・・・。

著者は元銀行員で48歳に退職。その後はアパート経営を始め、6棟のオーナーになり、年間7000万円の不動産収入があるそうです。

48歳で銀行を辞めて、不動産投資に専念したところはすごいですね。

では、この本で学んだことをまとめてみたいと思います。

  • 預金500万円だとメガバンクでは相手にしてもらえないが、信用金庫なら上客として扱ってくれる。1000万円だと担当者が付く場合。
  • クレジットカードは持ち歩き1枚、予備1枚の2枚持ちがベスト。カードをたくさん作るのはダメ。
  • 銀行が住宅ローンを融資する際、返済利率を収入の35%に抑える。手取りの給料が30万円の人なら月々の返済額は10万5000円まで。
  • 給料からの天引き預金は収入の15〜20%が妥当。将来、お金を借りる予定の銀行で積み立てるのがよい。
  • 500万円を一度に預金する人よりも、毎月4万円を10年間に渡ってコツコツと預金(480万円)した人の方が銀行の信用は高い。
  • 住宅ローンを組む際の、銀行の購入物件の担保価格は購入金額の70%ほど。5000万円の物件でも銀行の評価額は3500万円ほどにしかならない。
  • 起業する際の事業資金や住宅ローンをメガバンクで借りるのは難しい。でも、信用金庫なら貸してもらえることがある。
  • メガバンクは将来が安定していると銀行が判断する大企業社員や公務員には優しいが、中小企業社員やフリーランスには厳しい。コツコツ貯めて信用を得る方法も、メガバンクではあまり効果がない。
  • 信用金庫はメガバンクが相手にしないお客様を相手に食べている。大企業社員や公務員ではない人は信用金庫をメインバンクにしてコツコツ貯めた方が、将来お金を借りられる可能性が高い。
  • 住宅費、保険料、自動車費、教育費の4つの固定費を節約することが、お金を貯める最短の道。
  • 保険料は毎月の支払い額はそれほど多くはないが、人生トータルで考えると、住宅の次に大きな買い物。
  • 月々の保険料は手取りの5〜7%ほどが妥当。手取り20万円の人なら月々の保険料は1万円くらい。
  • 企業はお金を借りてくれない、住宅ローンは金利1%前後でたいして儲からないので、銀行はカードローンに力を入れている。
  • 銀行は手数料を取りたいから投資信託を売りたがる。銀行員が言う「良い商品」は「手数料が高い商品」。
  • コンビニが銀行ATMを置いているのは、ついで買いしてもらうため。
  • 銀行がコンビニにATMを置くようになった理由は、自分たちが休んでいる夜間や休日でも時間外手数料をとれるから。
  • ギャンブルの還元率はパチンコは95%、競馬や競艇は75%、宝くじは45%。宝くじは55%が経費や税金として払われる。100万円の投資信託で55万円を手数料としてとられるようなもの。。
  • 宝くじは地方自治体が販売しているが、その下には多くの天下り団体がぶらさがっていて、そこにお金が流れている。つまり、宝くじを買うとは夢を買うことではなく、天下り団体い貢いているということ。
  • 住宅ローンの支払額は手取りの25%以内に抑える。手取りが25万円の人なら毎月6万円ちょっと。
  • 住宅ローンの支払いはボーナス払いにはしない。ボーナスを毎年予定通りもらえる保証はないから。ローンの支払いを3回延滞したら家を差し押さえられる。
  • 住宅ローンは金利が1%前後なので、余剰金が生まれたら、返済にまわすよりも投資に回す方が賢いかもしれない。
  • サラリーマンの平均生涯収入は2億5000万円ほど。そのうち、約2割が税金や年金、健康保険などで差し引かれるので、手取り収入は2億円ほど。
  • 住宅費4000万円、保険料1500万円、子供2人の教育費3000万円だとすると、合計8500万円。
  • 手取り2億円から8500万円を引くと、実際に使えるお金は1億1500万円。
  • 1億1500万円を43年間(22〜65歳)で割ると、1年間に使えるお金は約267万円。月にすると約22万円。
  • サラリーマンは月々22万円から生活費と老後のための貯蓄を捻出する必要がある。

この本を読んで思ったことは、「生きていくとは本当にお金がかかるということなんだな」ということです。

生きる=お金がかかる

そういう意味では、食費だけを捻出すればいいホームレスも、1つの生き方かもしれないと思ってしまいました。。もちろん、ホームレスにはなりたくありませんが(^_^;)

コメント