新築タワーマンションのモデルルーム事前案内会に行ってきました。

Pocket

先日、新築タワーマンションのモデルルーム事前案内会に始めて行ってきました。

今のうちに購入しておいて、最初は投資用として人に貸し出して家賃収入を得て、老後に自分で住むのなんていいなぁ〜と思っていたのですが、思っていたよりも高額で今の私にはちょっと手がでないという印象でしたね。。

タワーマンションの室内

一番景色が良い側の部屋で、一番安くて9000万円でした。。タワーマンションなのに3Fの部屋ですが・・・。

10Fになると9,500万円〜1億1700万円。25Fになると1億円〜1億3000万円。最上階の29Fになると1億4900万円〜2億2800万円でした。

景色がそれほど良くない側だと、一番安くて3Fの6100万円。15Fで7600〜8300万円。25Fで7900〜9100万円。最上階が1億3700万円〜1億4500万円。

だいたい、同じ部屋でも景色が良い側の方が2000万円ほど高い価格設定になっていました。景色だけ2000万円の差ってすごいですね。

ただ、景色が良い側の部屋からは海が見えるので、ほんとに全く違う景色になるんですよね〜。

私としては、このタワーマンションを分譲で買うなら、海が見える景色が良い側の部屋だと決めていたのですが、さすがに1億円前後の部屋を買えるほどのお金は持っていないので、いい意味であきらめが付いたというか、現実を見ることができましたね。

そういう意味では、見に行ってよかったと思います。

気持ちを切り替えて、今まで以上に仕事を頑張って、さらに資産運用でお金を増やして、5年後くらいには1億円の部屋を買えるようになりたいですね。

今の私では住宅ローンの審査にまず通らないでしょうから。。手持ち資金は1000万円ほどしかありませんからね。。

モデルルーム事前案内会の様子

モデルルームの会場に着いたら、まずは書類を書くように言われました。

名前や年齢、住所、電話番号、メアドだけでなく、年収や今の部屋の家賃、勤めている会社、手持ち資金、いくらくらいの物件を買いたいかなどを記述します。

書けるところだけでいいと言っていましたが、今後、この情報を元に、他の物件の案内とかも来るみたいですね。

要は、マンション販売会社からしてみると、モデルルーム事前案内会に来た人というのは、そのマンションを買わなくても、その後も新しいマンションを売るための顧客リストになるということですね。

つまり、「モデルルーム事前案内会に来た人=分譲マンションを買えるくらい資産を持っている人」ということです。

こうやって、顧客リスト作りをしているようです。

ただ、「DMなどは送って欲しくない」などと連絡をくれれば、すぐに顧客リストから削除すると言っていました。

さて、次にマンションのイメージ映像を見ました。映画館を小さくしたようなシアタールームみたいな部屋に入って見ましたね。

それから、モデルルームを案内されました。

1組に付き1人の担当者が付き、モデルルームのこだわりなどを案内してもらいました。

今回見たタワーマンションは最上階とその下の階だけがプレミアムルーム仕様になっていて、内装が豪華でした。

角部屋は壁が2面ガラス張りのようになっているので、景色がすごい良いでしょうね。

「こんなデカイ窓から海が見える景色を眺められるなんて、なんて幸せな部屋なんだろう」と思ってしまいました。

モデルルームに見終わった後は、別室で価格などの話を聞きました。

ここで、本気で買う気があるのか見極めるような感じでしたね。

マンション販売会社からしてみれば、本気な客だけを相手にしたいでしょうからね。

私は予算を7500万円と書いていたので、海が見える景色が良い側の部屋ではなく、逆側の部屋を買う人という認識で説明を受けました。

悔しいですが、これが現実ですからしょうがないですね。。

モデルルーム事前案内会は約2時間で終わりました。

今後も新築マンションで住みたいと思ったマンションがあったら、モデルルーム事前案内会に出かける予定です。

今はまだ購入することは現実的ではないですが、近い将来に向けてイメージだけでもできるようにしておきたいと思っています!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です