2018年2月、ネット証券の日本株・米国株・海外ETFの手数料比較

証券会社の手数料は年々変わっていきます。 顧客獲得のため手数料競争が起こるので、基本的には年々安くなっています。 当サイトは過去にも証券会社の手数料比較に関する記事を書いていますが、それらの記事は現状では古くなってしまっ … 続きを読む…

ひふみ投信が前日比3,038円の大幅マイナス、2日間で4,607円の下落。暴落時に感じる株式50%・債券50%ポートフォリオの安定性

昨日、「ひふみ投信」の基準価額が3,038円も下げました。 昨日の「米国株の急落を受けて世界同時株安に、私の含み益も大幅減少。。」に書いたように、その前の日は1,569円の下げでしたから、2日間で4,607円も下げたこと … 続きを読む…

つみたてNISAで投資する銘柄の再考察、S&P500と楽天・バンガード・ファンド(VT・VTI)で迷っています。

マネックス証券で「NISA」から「つみたてNISA」への変更が完了しました。 赤枠で囲った部分が「つみたてNISA」「400,000円」となっています。 すでに2月になっているので、今年は残り11ヶ月なので、「40000 … 続きを読む…

SBI証券で「げんせん投信」の積立設定(月2万円)をしました。明日から積立開始

先日、SBI証券主催の「ニッセイ×レオス対談企画」にブロガーとして参加させて頂き、そこで初めて「げんせん投信」という投資信託の存在を知りました。 私は「げんせん投信」のチーフポートフォリオマネージャーである伊藤琢さんに、 … 続きを読む…

SBI証券主催「ニッセイ×レオス対談企画」に参加し、藤野英人さんと伊藤琢さんのお話を聞かせて頂きました。

先日、SBI証券さん主催の「ニッセイ×レオス対談企画」にブロガーとして参加させて頂きました。 藤野英人さん(レオス・キャピタルワークスの代表取締役社長)と伊藤琢さん(ニッセイアセットマネジメントのチーフポートフォリオマネ … 続きを読む…

NYダウが25,000ドル超え、日経平均も大発会で742円高で23,500円超え、ひふみ投信は前日比で1,151円と大幅上昇。

米国市場は1月2月が大発会でしたが、昨日(1月4日)とうとう2万5000ドルの大台に乗りました。 この結果を受け、さっそくトランプ大統領はツイッターでつぶやいています。 Dow just crashes through … 続きを読む…