米国株の積立ができるOne Tap BUY(ワンタップバイ)に改善して欲しいところ

現在、私が投資をしていて一番将来の伸び白に期待が持てるのが「One Tap BUY(ワンタップバイ)」での投資です。

というのも、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は私が知る限り、日本の証券会社で唯一、米国株の積立ができるからです。

最近は日本株にも投資できるようになり、テレビCMも打っていますが、個人的には配当利回りが高い銘柄が多い米国株に積立投資できることが一番のメリットだと感じています。

しかも、毎月積立だけでなく、毎週積立も設定できます。

さらに、積立なのでジェレミー・シーゲルの「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」で語られている「配当再投資」も自動でできます。

現在、28銘柄に1000円ずつ、合計で28,000円を毎月積立していますが、お金があれば毎週積立したいくらいです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)」で米国株の積立を開始してから2ヶ月が経ちましたが、利用してみて感じた改善して欲しいところを書いてみたいと思います。

「取引の履歴」を「積み株」アプリでも見れるようにして欲しい

「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は投資対象によって、現状では3つのスマホアプリに分かれています。

  1. One Tap BUY 米国株・・・米国の優良企業30銘柄の中から好きな銘柄だけに投資できる。
  2. One Tap BUY 日本株・・・日本の優良企業30銘柄の中から好きな銘柄に投資できる。また3つのETF「日経225連動型上場投資信託」「経平均レバレッジ上場投信」「経平均インバース上場投信」にも投資できる。
  3. One Tap BUY 積み株・・・米国の優良企業30銘柄の中から好きな銘柄だけに積立投資できる。

私のスマホには3つともアプリが入っていますが、米国株の積立をしている私が日々チェックするのは「積み株」アプリのみです。

でも、上の「取引の履歴」は「米国株」アプリでしか見ることができません。

この画面は「積み株」アプリでも見れるようにして欲しいというか、見れるようにすべきだと思います。

というのも、「振替出金」の2万8000円は積み株の投資資金ですし、「配当金」も積み株した投資先から配当されたものだからです。

ログインは指紋認証にも対応して欲しい

米国株や海外ETFの株価をチェックできるスマホアプリ「TradeStation(トレードステーション)」では、ログイン時に「指紋認証」と「パスワード入力」の両方のログイン方法を選べます。

しかし、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は現状では「パスワード入力」によるログインにしか対応していません。

セキュリティーのことを考えると「指紋認証」にも対応した方がいいのではないでしょうか?

全銘柄の平均買付為替レートを掲載して欲しい

One Tap BUY(ワンタップバイ)」で「素晴らしい」と思ったのは、「平均買付為替レート」をチェックできるところです。

というのも、私はマネック証券で米国ETFを購入しましたが、平均買付為替レートは見ることができず、自分で計算する必要があります。

現状では、銘柄ごとの平均買付為替レートのみをチェックできる状態ですが、全銘柄の平均買付為替レートを上のページでもチェックできようになったらもっと素晴らしいと思います。

含み損益順に並べ替えられるボタンを設置して欲しい

私はスマホアプリ「TradeStation(トレードステーション)」に「One Tap BUY」という項目を作り、自分が投資している28銘柄を登録して、毎朝チェックしています。

「TradeStation(トレードステーション)」の便利なところは、前日比でパフォーマンス順に並び替えができるところです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)」でも、この画面で「含み損益順」に並び替えできるようにして欲しいです。

「含み益が大きい順」と「含み損が大きい順」の2種類で並び替えできるようにして欲しいです。

パソコンの管理画面でも、「含み益が大きい順」と「含み損が大きい順」に並べ替えできるように、「保有銘柄」の隣にボタンを設置して欲しいです。

高配当・増配銘柄を増やして欲しい

ジェレミー・シーゲルの名著「株式投資の未来」を読むと、高配当銘柄の配当再投資が長い目で見るとかなり有効なことが理解できます。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

One Tap BUY(ワンタップバイ)」では米国株の積立ができるので、自動的に配当は再投資されます。

なので、配当再投資の効果がもっと効いてくる銘柄にも投資できるようになって欲しいと思っています。

「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は現状では投資未経験の若い人をターゲットにしているせいか、比較的、知名度が高いIT銘柄に銘柄が偏っているように感じます。

たとえば、配当が出ず株価の成長もイマイチな「Twitter」ではなく、高配当の「Philip Morris」や「Johnson & Johnson」に投資できるようになって欲しいです。

米国企業は日本企業よりも高配当だったり、増配銘柄が多いので、そういった銘柄も組み入れて欲しいです。

私もまだ勉強中で、銘柄選定についてはよく分かっていない部分もありますが、「株式投資の未来」に書いてあるような投資をして資産を築きたいと思い、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」で米国株の毎月積立を開始したところが大きいです。

以上が現状で改善して欲しい点です。

One Tap BUY(ワンタップバイ)」はまだ始まったばかりで、これからの証券会社だと思うので、今後に期待したいです。

「One Tap BUY(ワンタップバイ)」で投資を開始したいと思った人は、「スマホ証券の「One Tap BUY(ワンタップバイ)」に口座開設しました。」を参考にしてみて下さい。

既存の証券会社よりも、投資のハードルは確実に下がるので、投資を身近に感じることができます。

One Tap BUYでの投資先を決める際には「One Tap BUYで売買できる米国株30銘柄の配当利回り、PER、EPSなど」を参考にしてみて下さい。

日本企業よりも世界で稼ぐ企業がたくさんあります。

中〜長期で見たら、人口が減っていく国の企業よりも、基軸通貨と世界言語で世界を舞台にビジネスしているアメリカ企業に投資した方が利口だと個人的に思っています。

上りのエスカレーターに乗るのか、下りのエスカレーターに乗るのかみたいな話だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です