One Tap BUYで購入できる米国株30銘柄の過去20年の株価チャートをチェック

昨日、私が口座開設の申込をした「One Tap BUY(ワンタップバイ)」は、30銘柄の米国株に投資できます。

全てのアメリカ上場企業に投資できるわけではなく、アメリカの優良企業30社だけに投資できます。

そこで、マネックス証券のスマホアプリ「トレードステーション(米国株)」で30銘柄の過去の株価(パフォーマンス)をチェックしてみたいと思います。

私は「トレードステーション(米国株)」で「One Tap BUY」ページを作り、「One Tap BUY」で投資できる30銘柄だけのパフォーマンスを追っています。

スマホアプリ「トレードステーション(米国株)」はマネックス証券で口座開設して、「外国株取引口座」を開設すれば、米国株に投資していなくても誰でも無料で利用できます。

詳細は「マネックス証券のトレードステーション(TradeStation)ならスマホアプリで米国株の売買や損益チェックができる」に書いてありますが、私はこのアプリを無料で使えるだけで、マネックス証券で口座開設する価値はあると思っています。

One Tap BUYで投資できる米国株30社の過去のパフォーマンス

以下の株価チャートはトレードステーション(TradeStation)で見ることができるものです。

2000年前後から現在までの株価チャートなので、約20年ほどの株価の動きです。

上場期間によって月足だったり、週足だったりしています。

現在はYahoo!が上場廃止になったため、29銘柄となっています。

Yahoo!に代わる銘柄は、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」に投資している投資家たちの投票で決めるそうです。

◎アマゾンドットコム(AMZN)オンライン通販など

◎アップル(AAPL)パソコンメーカー

◎アルファベット(GOOGL classA)サーチエンジン「Google」

◎ボーイング(BA)航空機

◎キャタピラー(CAT)重機

◎シスコシステムズ(CSCO)データネットワーク

◎コーチ(COH)ファッション

◎コカコーラ(KO)清涼飲料

◎コストコ(COST)会員制倉庫型店舗

◎ウォルトディズニー(DIS)エンターテインメント

◎エクソンモービル(XOM)石油化学

◎フェイスブック(FB)ソーシャルネット

◎ギャップ(GPS)ファッション

◎GE(GE)技術・メディア・金融サービス

◎ゼネラル・モーターズ(GM)自動車

◎エイチピー(HPQ)コンピューター

◎IBM(IBM)コンピュータ関連製品およびサービス

◎インテル(INTC)半導体

◎クラフトフーズ(モンデリーズ・インターナショナル)(MDLZ)食品・飲料

◎マクドナルド(MCD)ファーストフード

◎マイクロソフト(MSFT)ソフトウエア・コンピュータ

◎ナイキ(NKE)スポーツ用品

◎P&G(PG)家庭用化学品

◎ファイザー(PFE)医薬品

◎スターバックス(SBUX)カフェ

◎タイムワーナー(TWX)メディア・エンターテインメント

◎ツイッター(TWTR)ソーシャルメディア

◎ビザ(V)クレジットカード

◎ゼロックス(XRX)オフィス機器

こうやって改めて20年近い株価チャートを見てみると、上げ下げを繰り返しながらも、右肩上がりしている銘柄が多いです。

いくつか横ばいの銘柄もあります。

株価が右肩下がりの銘柄はツイッターのみです。

これは他の銘柄に代えた方がいいと思うのは私だけでしょうか・・・。ツイッターより良い銘柄はいくらでもあると思うのですが・・・。

One Tap BUY(ワンタップバイ)」は毎週積立もできるようなので、毎週1万円とか積み立てたら面白いかもしれないと今は考えています。

ただ、今の米国株はかなり高騰している感じも否めないので、調整するまでは無理しない額の方がいいかもしれません。週5000円(月2万円ほど)とか。

何れにせよ、口座開設が完了でき次第、米国株の積立投資を開始したいと思います。

積立投資を通して、米国のグローバル企業の成長にあやかりたいと思います。

銀行に預金していても、お金は何も生み出しません。お金に働いてもらうには、世界の優良企業への投資は1つの手段と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です