個別株を売却(利益確定)して10万円ほど利食いました。今年の利益確定額は現状で138万円

先日、個別株を120万円ほど利益確定しましたが、昨日、別の保有銘柄も売却して利益確定しました。

投資を始めた初年度に買った銘柄で、今回は10万円ほどのプラスです。

含み損が出ていた時期が2年ほどと長かったのですが、今年に入ってからプラ転し、なんとか+10万円で利食うことができました。

ただ、今回は利食いのタイミングはミスりましたね。。焦って早目の利食いをしてしまったという感じです。

私が利食った後も50円ほどグングンと上昇しましたから。。

利食いタイミングは本当に難しいと実感しましたが、すごく勉強になったので次回につなげたいと思います。

マネックス証券の管理画面で税額や売買手数料を確認

マネックス証券の管理画面です。

「入出金 – 精算表」と進むと、源泉徴収される「地方税」と「所得税」を確認できます。

私はこの銘柄購入に1,210,642円を投資したので、「1,315,478(約定金額) – 1,210,642(投資額) = 104,836(税引き前利益)」となり、10万4836円のプラスになります。

ここから「地方税5,193円」と「所得税15,908円」が引かれるので、手残りは83,735円となります。

さらに、ここからマネックス証券の売買手数料1,422円が引かれるので、最終的な手残り額は82,313円となります。

マネックス証券の手数料は税込で1,422円です。

マネックス証券の場合、約定金額が50万円を超えると手数料が「約定金額の0.1%」と一気に高くなります

今回の取引をSBI証券でやっていたら、手数料は税込628円で済みました。

参考:SBI、マネックス、楽天証券3社の日本株・外国株の手数料比較(2017年度版)

2017年の利益確定 ここまでのまとめ

私は2015年から投資を始めたのですが、勢いで始めてしまったところもあり、多い時では160万ほどの含み損が出ていました。。

あの頃は毎日、胃が痛かったです。。

しかし、2017年に入ってから保有銘柄のパフォーマンスが上昇しプラ転し、今年に入ってからはプラスで利益確定できています。

そこで、今年、利益確定した銘柄をまとめてみたいと思います。

利益から証券会社の手数料を引いた「利益確定額」を掲載します。

利益確定額は税引き前のものです。ここから税率20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、住民税5%)が引かれます。(NISA口座は非課税)

利益確定額(税引き前)
銘柄 利益確定額 記事
直販投信10銘柄 +32,054円 直販投信10銘柄を売却。なんとか、プラスで終えることができました。
個別銘柄A
※IPOで当選
+774円 IPO当選以来、ずーと含み損が続いていた銘柄を極小プラスで売却
個別銘柄B +1,207,833円 個別株を売却(利益確定)して120万円ほど利食いました。
セゾン資産形成の達人ファンド
※NISA口座
+41,354円 セゾン資産形成の達人ファンドを売却(利益確定)しました。
個別銘柄C +103,414円 今回の記事
合計 +1,385,429円

今年に入って138万円ほどを利益確定できています。

元本と含めると、だいぶキャッシュポジションが厚くなってきましたが、この資金はSBI証券のIPO当選資金に当面は使う予定です。

というのも、証券会社に入金している額が多い方が、IPOに当選する確率が上がるからです。(これについては後日、記事を書きたいと思っています。)

現在、個別株は1銘柄だけ保有していますが、この銘柄はしばらくダメだと思うので、塩漬け状態が続くと思われます。。ただ、配当がそれなりに出るので、それだけが救いです。

あとは、積立をコツコツ続けます。今後は積立を自分の投資のメインにする予定です。

積立は個別株で大きく当たった時のように儲かりませんが、高値掴みする確率を減らせる仕組みになっているので、大きく含み損を抱える可能性を低くできます。

上げ下げを繰り返しながらも長期投資していけば、将来的にはそれなりの資産が貯まっている確率も高いと思っています。

とにかく、私は大損や大きな含み損を抱えないことを今後は重視したいと思っています。

じゃないと、仕事に集中できなくなりますから。。汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です