スマホ証券の「One Tap BUY(ワンタップバイ)」に口座開設しました。

昨日、スマホで1,000円から米国株が買える「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の口座開設をしました。

口座開設した理由は、現状では米国株を積立できる唯一の証券会社だからです。

しかも、毎月積立だけでなく、毎週積立も設定可能です。

米国株はマネックス証券SBI証券でも買えますが、積立はできません。

私は投資を開始してまだ3年弱ですが、なんだかんだ言って毎月積立が一番「安定してお金に働いてもらっている」感覚を覚えます。

また、「大負け(大損)を回避できる(高値づかみを回避できる)」ので、精神的に安定した状態で投資に向き合えます。

さらに、「時間を味方につける」という意味でも積立は有効だと思っています。

ドルコスト平均法で自動的に割安に買う仕組みづくり

決まったペースで一定額を買い続けることを「ドルコスト平均法(dollar cost averaging)」と言います。

元々はドルを安く仕入れるための投資法だったため、このような名前が付いているようです。

たとえば、「毎月1万円を投資する」などと決めます。

株価が1000円の場合、1万円で10株買えます。

翌月、株価が1250円に値上がりしたら、1万円で買えるのは8株のみです。(→株価が高くなると買える株数は少なくなる。)

翌々月、株価が800円に値下がりしたら、1万円で12.5株を買えます。(→株価が低くなると買える株数は多くなる。)

こうして、株価が高い時には少ない株数を買い、株価が低い時には多い株数を買うことによって、平均取得株価を割安に取得できるというメリットがあります。

投資をやっていると、自分が安いと思って買った後に、さらに下がることが多々あります。

そうなると、さらに下がった所でナンピン買いするには、すごく勇気がいります。なぜなら、さらに下がる可能性があるからです。

その結果、その後、なかなか買えなくなってしまうのです。

しかし、積立なら最初に設定してしまえば、余計なことを考えずに、自動的に「安値で多く買い、高値で少なく買う」を徹底できます。

私の場合は、「ひふみ投信」と「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」を毎月3万円買うように設定しています。

つまり、この2銘柄でドルコスト平均法を実践しています。

現在の含み損益は「ひふみ投信」が+140,227円(+24.60%)、「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」が+25,648円(+3.77%)と、どちらもプラスにできています。

ドルコスト平均法で大切なことは銘柄選びだと思います。

なぜなら、下がり続ける銘柄でドルコスト平均法をしても、意味がないからです。

そういう意味では、米国株は日本株よりもドルコスト平均法に向いていると思います。

米国株は上げ下げを繰り返しながら、なんだかんだ言って右肩上がりに伸びている銘柄が多いですから。

さらに、米国株には新興国を含む投資信託のような側面があります。というのも、新興国が今後どんどん成長しても、その成長を米国グローバル企業が取り込んでしまうからです。

つまり、米国の優良企業に投資するということは、世界の成長の恩恵に乗れるという側面もあります。

米国株を積立によってドルコスト平均法で投資できるのは、現段階では「One Tap BUY(ワンタップバイ)」しかありません。

だから、私は「One Tap BUY(ワンタップバイ)」に口座開設をしました。

米国株コスト比較

肝心のコスト(手数料)ですが、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」にコストは「マネックス証券」や「SBI証券」よりも少し高くなっていますが、積立のためのコストとして考えれば、あまり気にならない差という印象です。

以下の表では、「税込の手数料」を比較しています。

米国株コスト比較(税込)
マネックス証券 SBI証券 One Tap BUY
為替手数料 1ドルにつき0.25円 1ドルにつき0.25円 100円あたり0.35円
売買手数料 0.486% 0.486% 0.5%
1ドル100円の時に1万円を投資した時の総手数料 25円(為替手数料)+48.6円(売買手数料)=73.6円
コスト比率:0.736%
25円(為替手数料)+48.6円(売買手数料)=73.6円
コスト比率:0.736%
35円(為替手数料)+50円(売買手数料)=85円
コスト比率:0.85%

米国の個別株投資なので、投資信託のように保有中の手数料(信託報酬)などはかかりません。

両替する時と売買する時のみ、手数料を引かれます。

口座開設の手順

ここからは「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の口座開設の手順を掲載します。

「口座開設はこちら」ボタンをクリック。

生年月日を選択して、「口座開設」ボタンをクリック。

名前、電話番号、メアドなどの情報を入力します。

メアドは入力間違いしないように、コピペする方がいいと思います。

住所や勤務先などの情報を入力します。

最後の「内部者チェックシート」は「該当しない」にチェックを入れました。

資産状況や投資経験などを選択。

ここでは3つのチェックボックスにチェックを入れます。

「One Tap BUY(ワンタップバイ)」では、「特定口座(源泉徴収あり)」しか選択できないようです。

まぁ、長期投資なので問題ないのですが。

「特定口座(源泉徴収あり)」を選ぶと、自分で確定申告しなくて済みます。

私は「マイナンバー」は「通知カード」をスキャンして表面だけアップロードしました。

「本人確認書類」は「運転免許証」をスキャンして、表と裏をアップロードしました。

これで「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の口座開設の申請が完了です。

書留書類が郵送されるのを待ちます。

追伸)手続き完了(2017年6月23日)

6月19日にOne Tap BUY(ワンタップバイ)の口座開設に申し込んで、6月23日に「手続き完了」のメールが届きました。

口座開設のお申込みをいただき、ありがとうございます。 お手続きが完了しましたので「口座開設完了のご案内」を簡易書留でお送りいたしました。 (本書類に書かれたパスワードをもってログインが可能となります。)

「口座開設完了のご案内」が簡易書留で届くということです。

これはどこの証券会社も同じです。本人しか受け取れませんし、ポスト投函ではなく、本人(今回の場合は私)に直接渡す必要があります。

そして、その書類のログインパスワードなどが書かれており、「One Tap BUY(ワンタップバイ)」の管理画面にログインできるようになります。

というわけで、簡易書留が届くのを待ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です