IPOのために開設した11社の証券口座を解約しました。当選せずに落選ばかりなので。。

先日、11社の証券口座を解約しました。

なぜ、11社もの証券会社に口座を作ったのかというと、IPOのためです。

IPOに当選する確率を上げるには、「より多くの証券会社から申込する」というのが1つの方法となります。

昨年、IPOに関する本を読みました。

IPO投資は公募価格で買って初値で売却するのが一番儲かる(2015年10月15日)

そして、2014年と2015年のIPO銘柄について調べて、以下のような検証をしました。そして、「IPOに当選すると儲かるな〜」と感じました。

2015年にIPOした全銘柄に当選していたら今の含み益は752万円、2014年なら1354万円(2015年10月19日)

その後、カブドットコム証券で100株だけ日本郵政が当選しました。

カブドットコム証券で日本郵政のIPOが100株だけ当選しました。(2015年10月31日 )

日本郵政のIPOは上場日に売り、2万円弱の利益を得ました。これが、私の初めての株式投資からの利益となりました。

株式投資、初めての売却による利益確定は日本郵政で19,767円(2015年11月4日)

その後、私は一気に複数の証券会社の口座を開設をしました。(相変わらずな、極端な性格です・・・)

結局、合計で以下の16社の証券口座を開設しました。

  1. SBI証券
  2. マネックス証券
  3. 楽天証券
  4. カブドットコム証券
  5. みずほ証券
  6. SMBC日興証券
  7. 大和証券
  8. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  9. 野村ネット&コール
  10. 野村ホームトレード
  11. いちよし証券
  12. エイチ・エス証券
  13. 東海東京証券
  14. 岩井コスモ証券
  15. 東洋証券
  16. 丸三証券

でも、ほとんど当選しないんですよ。。

日本郵政は株数が多かったので、多くの人が当選したのですが、普通の会社のIPOではまず当選しません。。

2016年は唯一、みずほ証券で1つだけ当選したのですが、公募割れで、上場以来、一度もプラスになってません・・・。つまり、ハズレクジを引いてしまったんですね。。

IPO当選でも公募価格割れで損失・・・6社同時上場のリスク(2016年3月20日)

IPOを複数の証券会社で申し込むのは、けっこう手間がかかり、大変です。。

時間を取られる割には、全く当たらない・・・。労力の割には、リターンは少ない、、、どころか、私の場合はマイナスです。。

なので、途中から、SBI証券以外の証券会社ではIPOの申込は辞めてしまいました。

もう、全くの時間のムダだな・・・という印象しかありませんでした・・・。

SBI証券のIPOチャレンジポイント

私が唯一、SBI証券だけは、コツコツとIPOに申し込んでいる理由は、SBI証券には「IPOチャレンジポイント」というものがあるからです。

SBI証券の場合、IPOにハズレても「IPOチャレンジポイント」が貯まります。

「IPOチャレンジポイント」とは、IPOに落選する度に1ポイント貯まるポイントです。

そして、IPOの申込時にこのポイントが使えます。

どうしても、当選したいIPO銘柄の上場時に、この「IPOチャレンジポイント」を全部使っていますが、今のところ1度も当選していません・・・。

ただし、落選しても「IPOチャレンジポイント」は全部戻ってきます。

私は現時点で80ポイントあるので、80回落選していることになります。

200ポイントくらい貯まると当選するとかしないとか・・・。

200回に1回の確率だとしたら、かなり当選する確率は低いですね。。そもそも、年間に200社も上場しないですし。

IPO当選目的で開設した11社の証券口座を解約

IPO申込を実際にやってみたところ、かなり当選する確率は低く、時間のムダだと思ったので、11社の証券口座を解約しました。

今現在は以下の5社のみ維持しています。

  1. SBI証券
  2. マネックス証券
  3. 楽天証券
  4. カブドットコム証券
  5. みずほ証券

みずほ証券はIPOで当選した塩漬け銘柄を保有しているので、今でも維持していますが、この銘柄を「損切り」か「利食い」できたら、解約する予定です。

というわけで、今後は「SBI証券」「マネックス証券」「楽天証券」「カブドットコム証券」の4社だけ維持しようと思っています。

IPOに関しては、ポイントが貯まるSBI証券のみで、当選を期待せずに、ポイントを貯める目的で今後も申し込もうと思っています。

2年に1回くらい当選して、十数万ほどボーナス的に儲かったらいいな〜くらいに、あまり期待せずやっていく予定です。

IPOで運良く儲かるとか狙うのではなく、個別株に関してはちゃんとファンダメンタルズを分析できるようになりたいと思っていますが、なかなか時間が取れないというのが今の現実です・・・。

ただ、年末年始は時間がそれなりに取れるので、ファンダメンタルズに関する本でも読もうと思っています。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書
株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

↑この本はすごく評判がいいですね。

株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書
株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書

同じ著者の本です。

来年は投資開始3年目になるので、運に頼るダメ投資家を卒業し、しっかり市場を分析して利益を出せる投資家になりたいと思っていますが、どうなることやら・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です