結果を出し続けてくれた「ひふみ投信」の積立を再開しました。

できれば、他の全ての投信を全て売ってから積立の再開をしたかったのですが、それを待っていたら今年が終わってしまいそうなので・・・先日、とうとうひふみ投信の積立を再開しました。

管理画面で簡単に積立再開申請ができました。

ひふみ投信 積立再開

「休止/再開」ボタンを押すだけで、積立を辞めたり、再開したりできます。

というわけで、ひふみ投信の積立は来月の6月から再開です。

あとは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(セゾン投信)も積立再開申請したのですが、こちらは書類でのやり取りが必要ということで、おそらく7月から再開できると思われます。

直販投信への投資開始から辞めるまで、現在のパフォーマンス

私は2015年4月から投資を始めて、いきなり直販投信8社の13銘柄に投資するという、アセットアロケーションを全く考えない愚行を犯してしまいました。。

その後、さらに勉強していくうちに直販投信は信託報酬が高いということに気づき、さらにパフォーマンスも悪かったので、2015年10月に積立を辞めることにしました。

ちょうど、昨年末は投資信託のコスト革命が起こって、信託報酬が超低コストなインデックスファンドが続出した時期だったので、直販投信の信託報酬が余計に高く感じていました。

直販投信13銘柄の積立を辞めてから、多少の利益が出た時点で現金化しようと思っていたのですが、2016年に入ってから株式相場は暴落・・・。

直販投信のパフォーマンスは良くなるどころか、どんどん悪化していきました。。

でも、そんな中、1銘柄だけ含み益を出し続ける銘柄がありました。

それが、ひふみ投信だったのです。

ちなみに、先週末(2016年5月6日)時点でのパフォーマンスは以下の通りです。

  1. ひふみ投信:+3,906円
  2. 浪花おふくろファンド:-8,781円
  3. ユニオンファンド:-8,827円
  4. コドモファンド:-9,754円
  5. 結い2101:-10,870円
  6. かいたくファンド:-12,033円
  7. ありがとうファンド:-12,576円
  8. らくちんファンド:-13,480円
  9. ザ・2020ビジョン:-24,768円
  10. コモンズ 30ファンド:-26,239円
  11. さわかみファンド:-32,767円
  12. セゾン バンガード・グローバルバランスファンド:-35,478円
  13. セゾン 資産形成の達人ファンド:-47,528円

ひふみ投信だけは、この低迷する相場でもプラスのリターンが出ています。

今さらですが、「ひふみ投信だけ積立を辞めずに続けていたら、今頃どのくらいの含み益が出ていたのだろう?」と思ったりもします・・・。タラレバですが。。

投資時期や期間によってもパフォーマンスは変わってきますが、さわかみファンドの過去10年間のトータルリターンはたったの0.19%なので、ダメな投資信託にはどんなに長期積立してもダメなんだと思われます。。

過去のトータルリターンという数字・結果で判断

セゾン バンガード・グローバルバランスファンドの先週末時点でのパフォーマンスは下から2番目と悪いですが、モーニングスターを見ると、過去3年〜5年はトータルリターンが9%台と非常に高いので、長期投資には向いていると判断して積立再開しました。

トータルリターン
1年 3年 5年
セゾン バンガード・グローバルバランスファンド -5.97% 9.29% 9.68%
ひふみ投信 10.38% 22.97% 21.40%

自分で世界の株式と債券に分散投資するのって、なかなか面倒くさいですからね。

でも、セゾン バンガード・グローバルバランスファンドならこれ1本で世界の株式と債券に分散投資できます。

信託報酬は0.69%と最近出ている超低コストのインデックスファンドに比べると割高感はありますが、自分でアセットアロケーション(資産配分)を考えながら銘柄選定するのって、けっこう面倒というか、意外と敷居が高いんですよね。。

今後はインデックスファンドはセゾン バンガード・グローバルバランスファンドをコツコツと積み立てていこうと思います。

そして、「6割前後のアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」という説がありますが、結果を出し続けているひふみ投信に積立することで、それを確かめたいと思います。

この世界、結果が全て、数字が全てだと思っています。

過去がダメなら未来もダメな確率が高いです。

同時に、過去に結果を出したファンドマネージャーが今後も結果を出し続けるとは限らないことも分かっています。

でも、私が保有する投資信託で唯一含み益を出し続けてくれているという実績を買って、ファンクラブ的に「ひふみ投信」に積立していこうと思っています。

あとは、どの段階で「ひふみ投信」と「セゾン バンガード・グローバルバランスファンド」以外の投資信託を損切りするかですね・・・。

もう、プラスになることは諦めています。。

今後はしばらく円高傾向が続きそうですし、日経平均株価も上がるどころか下がる可能性の方が高そうです。。

どこかで含み損が減った時に損切りしたいと思っているのですが、投資信託って売却連絡してから2日後くらいに確定されるんですよね。。

リアルタイムに取引できないので、なかなか難しいです。一時的に株価が回復しても、2日後にはドンと下がっている可能性があるのが、今の相場ですから。

いずれにせよ、投資信託の積立を再開できてよかったです。ここから再スタートです。

3年後、5年後、10年後が楽しみですね。

2件のコメント

  1. おせわになります。グーグル検索して「ひふみ投信 ブログ」で1位に検索されてますね。
    自分は延々とひふみ投信を購入しています。ひふみアカデミーはなかなかいけませんが、、13すべての直販投信を積み立てられたのはすごいと思います。やめなければきっと上がる、「将来は明るい」くらいで、ひふみと結い2101を積み立てています。

    • nanamidaido

      矢向さん

      1位だったんですね。知りませんでした。。

      13銘柄の積立を辞めてなければ、確かに売却した時の売却益はそれなりのものだったと思います。

      でも、自らの体験を通して、「株価が低迷しているからといって積立を辞めたらダメ」ということを学べたのでよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です