2016年3月4日(金)終値時点での含み損益

2016年2月12日に年初来安値14,865円を付けた日経平均ですが、3月4日(金)には終値でとうとう17,000円台まで回復しました。

今後さらに上げるか、再度15000円前後まで下げるのか分かりませんが、2016年3月4日(金)終値時点での含み損益をチェックしてみたいと思います。

2015年12月31日2016年1月31日に続く、損益チェックです。

直販投信(投資信託)

まずは、投資信託の直販投信からです。私の投資はここから始まりました。

ただ、インデックスファンドと比較するとどれも信託報酬が高いので、現在は積立は辞めています。

  • ひふみ投信:-955
  • 浪花おふくろファンド:-9,651
  • ユニオンファンド:-9,802
  • コドモファンド:-10,374
  • かいたくファンド:-10,977
  • 結い2101:-11,697
  • らくちんファンド:-12,868
  • ありがとうファンド:-13,319
  • コモンズ 30ファンド:-18,208
  • ザ・2020ビジョン:-26,278
  • さわかみファンド:-26,632
  • セゾン バンガード・グローバルバランスファンド:-27,927
  • セゾン 資産形成の達人ファンド:-39,388

◎合計損益:-218,076円

相変わらず、ひふみ投信の成績が一番良いです。

私が上記の投資信託を購入したのは、2015年4〜11月までなので、積立をずーと続けていたらまた結果は違っていたのかもしれませんが。

いずれにせよ、上記の直販投信は信託報酬が高いので、どこかのタイミングで売りたいと思っているのですが、もうちょっと損失が減ってからですね。。

投資信託については、信託報酬が安いインデックスファンドの積立に乗り換えたいと思っていますが、まずは上の直販投信を現金化してからです。

ただ、ひふみ投信だけは積立再開するかもしれません。

過去勝てた人が今後も勝てるとは限りませんが、アクティブファンドを1つくらい持っていてもいいかな〜とは思っています。

その時に一番目の選択肢になるのは、今のところひふみ投信です。

個別株

個別銘柄3つは相変わらず「塩漬け」状態です。。しかも、1月31日よりも損失は少し増えています。。

  • 個別株A:-296,100
  • 個別株B:-213,200
  • 個別株C:-214,300

◎合計損益:-723,600円

米国ETF

米国ETFはバンガードのみに投資しています。

1月31日に比べると、損失は多少減っていますが、相変わらずな状態です。。

でも、この4銘柄は年に4回配当金が入るので、その楽しみはありますね。今度は4月に入ります。

  • VOO:-118,120
  • VT:-144,586
  • VTI:-143,525
  • VWO:-214,477

◎合計損益:-620,708円

2016年3月4日時点での含み損 合計額

  • 個別株:-723,600円
  • 米国ETF:-620,708円
  • 投資信託:-218,076円

2016年3月4日時点の含み損は156万2384円です・・・。

2016年1月31日よりも4万3598円ほど含み損が増えています。。

今後、株価が上がることを期待したいですが、なんとなく今後さらに下げるんじゃないかと思っています。。

3月決算が出て、4月のどこかのタイミングで投資信託は損切りしようかと思っています。

そして、低コストインデックスファンドの積立でも始めようかと。

米国ETFと個別銘柄はそのままホールドします。

あとは、IPOはやっているのですが、全く当たりませんね。。

日本郵便以来、一個も当選していません。。

今のところ、投資は散々の結果ですが、本業が伸びているので、とりあえず本業を頑張ろうと思います。

去年は株価が気になって、本業が少しおろそかになっていたので、今年は去年と同じミスをしないように気をつけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です