郵政3社初値決定!日本郵政1631円、ゆうちょ銀行1680円、かんぽ生命2929円

本日11/4は待ちに待った郵政3社の上場日です。

私は5分前から準備していたのですが、カブドットコム証券のスマホアプリで見た「寄り付き」はかなりの買い優勢で、「これは予想よりも高い初値を付けるのでは?」と思いました。

ちなみに、私の初値予想は3社ともにプラス10%ほどです。

  • 日本郵政:<予想>1540円(公開価格1400円)
  • ゆうちょ銀行:<予想>1595円(公開価格1450円)
  • かんぽ生命:<予想>2420円(公開価格2200円)

このくらいかなぁ〜と昨日までは思っていました。

私は日本郵政のIPOが100株だけ当選したのですが、さすがに100株だけ持っていてもしょうがないので、初値で売ろうと思っていました。

ただ、ふと思ったのですが、私は今年から株式投資を初めたのですが、今まで「買い」はしたことがあるのですが「売り」ってしたことがなかったんですよね・・・。

そんなわけで初値売りのタイミングを逃しました・・・。

でも、それは全く気にしませんでした。

寄り付きを見た時に、初値は予想より高い数値が出ると思ったのと同時に、「初値を付けた後にもうちょっと上がるのでは?」と思っていたからです。

初値売りをする人以上に、IPOの抽選にハズれた人やセカンダリー狙いの人が、配当狙いで買いにくるのではないか?と。

結局、私の予想は当たり、日本郵政の初値は1631円でしたが、私は1650円で売ることができました。

というわけで、私の始めての利益確定は25,000円ということになりました。(165000 – 140000 = 25000)

金額的にはたいしたことないかもしれませんが、純粋にうれしいですね。初勝利です!

郵政3社の初値と初値騰落率

公開価格 初値 初値騰落率 初値売りした場合の100株あたりの利益
日本郵政 1,400円 1,631円 16.5% 23,100円
ゆうちょ銀行 1,450円 1,680円 15.8% 23,000円
かんぽ生命 2200円 2929円 33.1% 72,900円

ちなみに、この記事を書いている10:38分の段階の株価は以下のようになっています。

  • 日本郵政:1627円(公開価格1400円)
  • ゆうちょ銀行:1658円(公開価格1450円)
  • かんぽ生命:3185円(公開価格2200円)

郵政3社の中では、かんぽ生命が初日は一番儲かる銘柄となりそうですね。

初値売りしていたら、100株で72,900円、300株で218,700円、500株で364,500円、1000株で729,000円の利益が出たということです。

かんぽ生命の抽選に当選した方はおめでとうございます。

ちなみに、私の父親も郵政3社のIPOに申し込んだのですが、かんぽ生命だけ落選していましたね・・・。

※追伸

今日は、かんぽ生命がストップ高、その後、日本郵政が大幅上昇という予想外の展開となりました。

電話注文でかんぽ生命を買おうとしたけどストップ高で買えなかった投資家が、担当者に日本郵政を勧められて買ったという説もありますね・・・。

実は、私の父も証券会社から電話があって、日本郵政を買い増すように勧められたそうです。

買い増しの理由は、日本郵政株は今後、機関投資家が買うので年末にかけて株価が上がることが予想できるからということです。

そして、父は日本郵政株を500株ほど買いましたそうです。

さて、郵政3社上場日の株価をまとめたいと思います。

郵政3社上場日の株価まとめ
公開価格 初値 初値騰落率 高値 安値 終値
日本郵政 1,400円 1,631円 16.5% 1,775円 1,596円 1,760円
ゆうちょ銀行 1,450円 1,680円 15.8% 1,693円 1,635円 1,671円
かんぽ生命 2200円 2929円 33.1% 3,430円 2,917円 3,430円

問題は明日以降ですね。

特に、明日の9:00〜9:30くらいの動きに注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です