バンガードVT、VWO、VTI、VOOの配当を受け取りました

10月に入ってから、バンガードの「VT」「VWO」「VTI」「VOO」の4銘柄の配当を受け取りました。

配当額と単価はこのようになっています。

  • VT:19.22ドル(単価0.279ドル)
  • VWO:47.45ドル(単価0.450ドル)
  • VTI:27.71ドル(単価0.508ドル)
  • VWO:29.40ドル(単価0.953ドル)

受け取った合計配当額は「123.78ドル」です。

1ドル120円計算だと14,853円になります。

VTIとVWOの配当金を受け取ったのは今回が初めてです。VTとVWOは2回目になります。

バンガードのETFは年に4回(4半期ごと)に配当が出るのですが、前回7月の配当額と単価は以下の通り。

  • VT:31.20ドル(単価0.453ドル)
  • VWO:40.71ドル(単価0.386ドル)

口数は変わっていませんが、VTは1回目の方がだいぶ多いです。逆に、VWOは2回目の方が多いです。

マネックス証券の人いわく、時期や収益によって配当利回りは変わってくるようですね。

今後はこの配当金をさらに投資に回して、複利運用していきたいと思っています。

ただ、配当金を貰えるのはうれしいですが、私の場合、買ったタイミングが悪かったので、4銘柄で300万円くらい投資していますが、現状では43万円くらいの含み損があります。

といっても、20〜30年の長期投資で考えているので、今の数字はそれほど気になりませんが。

今後はバンガードETFをどんどん買い足していくのか、それとも他の投資先に投資していくのか、今は考え中です。

年末までは勉強して、キャッシュポジションを上げて、来年からまた投資していきたいと思っています。

ただ、直販投信にはもう投資しないと思いますが・・・。

配当利回り・配当日・権利落日

私が投資しているバンガード4銘柄の「配当利回り」「配当日」「権利落日」についてチェックしてみました。

ただし、この数値は今現在のもので、配当利回りは時期によって変わるそうです。

【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (Vanguard Total World Stock ETF)

20151007_1

【VWO】バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF (Vanguard FTSE Emerging Markets ETF)

20151007_4

【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF (Vanguard Total Stock Market ETF)

20151007_3

【VWO】バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

20151007_2

VTとVWOの配当利回りが3%以上と高いです。

配当ありと配当なしではどっちがいいのだろう?

投資信託、とくに直販投信では、無配が当たり前でした。

配当してしまうと、元本が減りますし、複利運用が効かなくなるからです。

キャピタルゲインだけを狙うなら、それが正解なのかもしれませんが、利益確定する時の基準価額次第みたいなところがあるので、ある意味、リスクも多々あると思います。

「配当が高い=それだけの配当を出さないと投資家が投資してくれない」ということなので、「配当が高い=良い投資先」とは言えないのですが、それでも配当金をもらえるってうれしいですね。

最近、私はキャピタルゲイン狙いだけでなく、インカムゲインも狙っていった方がいいのではないかと思っています。

もうちょっと勉強する予定ですが、配当生活ってちょっと憧れますよね。

配当だけで年間500万円とかあったら、今の日本ならそこそこの生活ができますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です