カブドットコム証券で日本郵政のIPOが100株だけ当選しました。

昨日、日本郵政のIPO(新規公開株)の抽選結果が出て、100株だけ当選しました。

今回はSBI証券とカブドットコム証券でブックビルディングしたのですが、SBI証券では100株だけ申し込んで落選、カブドットコム証券では500株申し込んで100株だけ当選しました。

カブドットコム証券

たった100株ですが、初めてIPO当選ということで、純粋にうれしいですね!

ゆうちょ銀行とかんぽ生命は落選したので、郵政3社全部落選だったらどうしよう・・・と思っていたので。

カブドットコム証券で申し込んだ理由

実は、最初はSBI証券のIPOチャレンジポイントを使って、SBI証券で600株(1400円 x 600 = 84万円)を申し込もうと思っていたのですが、色々と調べていくと郵政3社に関しては、SBI証券の割当株数が他社証券会社よりも少ないことが分かりました。

SBI証券会社よりもマネックス証券やカブドットコム証券が方が割当株数が多かったんです。

そこで私は考えました。

マネックス証券とカブドットコム証券なら、マネックス証券で口座を開いている人の方が多いのではないのか?だったら、カブドットコム証券で申し込んだ方が当選しやすいのでは?と。

また、カブドットコム証券は三菱UFJフィナンシャル・グループです。

郵政3社のIPOのグローバルコーディネーターは「野村証券」「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」「ゴールドマン・サックス証券」「JPモルガン証券」の4社です。

グローバルコーディネーターに三菱UFJモルガン・スタンレー証券があったので、三菱UFJフィナンシャル・グループのカブドットコム証券の方がマネックス証券よりも当選しやすかもしれないと考えました。

ただし、SBI証券では落選してもIPOチャレンジポイントが1ポイント貯まるので、SBI証券では100株(14万円)だけ申込み、カブドットコム証券で500株(70万円)申し込むことにしたのです。

そして、カブドットコム証券で100株だけ当選しました。

配当利回り3%なら100株で年間配当金は4200円

日本郵政の公開価格は1400円で私は100株だけ当選したので、投資額は14万円ということになります。

日本郵政は配当利回りが3.29%ほどになると報道されています。

仮に株価が変わらないとして、配当利回りが3%だとすると、私の年間配当金は4200円です。

140000 x 0.03 = 4200

1年で4200円、2年保有したら8400円、3年保有したら12600円のインカムゲイン。

もちろん、株価が上がればキャピタルゲインを得られる可能性もありますが、株価は下がる可能性もあります。

初値売りをしたら・・・

今回は保有数が100株と少なく、見込めるインカムゲインの額も小さいので、初値でそれなりの値段まで上がったら売却しようかと考えています。

初値が1500円になったら1万円の売却益になります。(15万円 – 14万円 = 1万円)

初値が2000円になったら6万円の売却益になります。(20万円 – 14万円 = 6万円)

ただ、日本郵政は初値はそれほど飛ばないと予想されているので、初値売りの売却益はあまり期待できないと言われていますが・・・。

もし、初日に株価が1400円よりも下がったら、セカンダリーで500株くらい買い足して、インカムゲイン目当てで長期保有という選択肢もありかもしれないですね。

実際、郵政3社には予想以上の申込が入って、落選した人が多かったようなので、セカンダリー狙いの人も多いかもしれません。

そうなると、初値で予想以上の額を付ける可能性もありますね。

私としてはこの展開を期待しているのですが、どうなることでしょう?

上場日である11月4日が待ち遠しいです。

と同時に、郵政3社上場をきっかけに、もう一度、日経平均株価2万円に乗って欲しいですね。

そうなったら、保有している直販投信を全て売却して、その資金でIPOへの投資額をさらに増やそうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です