人口減少する日本では2033年には空き家率が30%に

Bloombergの記事によると、人口減少する日本では2033年には空き家数が約2,150万戸になり、空き家率は30.2%になると野村総合研究所が予測しています。

この予測が当たれば、18年後には約3分の1の部屋が空室になるということですね。。こういうデータを見ると、日本での不動産投資は今後、本当に難しくなると思います。

20150712_1

他にも人口について気になった数値が書いてあったので、まとめておきます。

  • 2013年の空き家数は約820万戸で割合は13.5%(総務省)
  • 世帯数は2019年の5307万をピークに、2033年には5.3%減の5027万に減る見通し(国立社会保障・人口問題研究所)
  • 日本の木造住宅の耐用年数は22年、鉄骨鉄筋コンクリートの住宅でも47年(国税庁)
  • 国内の中古住宅は一律に築後20-25年で建物の市場価値がゼロになる(国土交通省)
  • 日本では全住宅流通に占める中古住宅のシェアは2013年時点で14.7%、米国や英国では90%近く(国土交通省)
  • 新設住宅着工戸数は2014年度の88万戸から、2030年度には53万戸まで減少する見通し(野村総合研究所)
  • リフォーム市場規模は2030年まで年間6兆円台で横ばいに推移すると予測(野村総合研究所)

参考・関連記事:
全国で2000万戸超が空き家に、総住宅数3割 – Bloomberg

住宅の除却・減築などが進まない場合、2033年には空き家が2,000万戸超へと倍増 | 野村総合研究所(NRI)

2030年度の新設住宅着工戸数は53万戸に減少 | 野村総合研究所(NRI)

人口減少に関する本では、以下の本が勉強になりそうです。

不動産投資に手を出すなら、その前に読んでおきたいですね。

2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書)
2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書)

人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃──人口問題民間臨調 調査・報告書
人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃──人口問題民間臨調 調査・報告書

地方消滅 – 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)
地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)

人口の世界史
人口の世界史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です