NISA口座にしたセゾン投信の定期積立プラン開始

本日、やっとですが、とうとうセゾン投信の定期積立プランが開始しました。

セゾン投信の定期積立プラン

本当ならもっと早く開始したかったのですが、私はセゾン投信をNISA口座にしたので、他の直販投信よりも手続きに時間がかかってしまいました。

私の書類のミスもあり、何度かやり取りをしなおして、やっとNISA口座が開設できました。

とりあえず、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に3万円、「セゾン資産形成の達人ファンド」に3万円の合計6万円の積立から開始。

私がNISA口座をセゾン投信にしたのは、「投資で資産運用しよう!」と思った早い段階にセゾン投信の社長・中野晴啓さんの2冊の本を読んで、直販投信なるものを知ったからです。

この2冊を読んでいた今年始めに比べると、今は多少の知識はついてきました。といっても、まだまだ分からないことだらけですが。

今後は積立投資額を月8万円に増やします。

NISA口座は1年で100万円まで投資できます。

私の場合、NISA口座を使った投資は6月開始なので、今年は7ヶ月しか投資期間がありません。

月6万円 × 7ヶ月 = 42万円

というわけで、このままだと1年間で42万円しか投資できません。

残り58万円はスポット購入するという選択肢もありますが、スポット購入は振込手数料がかかりますし、何かと面倒です。

そこで、積立額を以下のように増額することにしました。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:3万円 → 8万円
  • セゾン資産形成の達人ファンド:3万円 → 8万円

すでに手続きは完了し、7月から8万円ずつ積立てされます。

これによって、NISA口座への今年の投資額が102万円になります。

  • 6月:6万円
  • 7月:16万円
  • 8月:16万円
  • 9月:16万円
  • 10月:16万円
  • 11月:16万円
  • 12月:16万円
  • 年間投資額:102万円

NISAは今後年間100万円から120万円になったり、NISA口座を開設する金融機関を変更できるようになったりと、どんどん自由化が図られるようですね。

金額が大きくなるほど、税金の負担も比例して大きくなるので、非課税枠を有効に使っていきたいと思います。

※追伸

セゾン投信の2銘柄について、その特徴を改めてまとめみました。

また、2016年にはNISA口座をセゾン投信からマネックス証券に変更しようと思っています。

NISAに関するリンク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です