米国ETFバンガード(Vanguard)のVTとVWOを購入。海外ETFデビュー!

昨晩、とうとう米国ETFのバンガード(Vanguard)の「VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)」と「VWO(バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF)」を米国ETFの取引手数料が一番安いマネックス証券で購入しました。

今日の残高照会

「VT」は62.5ドルで96口。(62.5 × 96 = 6000ドル)

「VWO」は41.2ドルで147口。(41.2 × 147 = 6056.4ドル)

「1ドル123.7ドル」で両替したので、「VT」は742,200円、「VWO」は749,176円で購入したことになります。

私は150万円を両替したので、半分ずつで75万円を目安に購入しました。

VTとVWOを購入

数分後に「残高照会」で「参考評価損益」を見ると、「VT」はプラス10.56ドル、「VWO」はマイナス1.46ドルになっています。

「VWO」のマイナスがちょっと気になりましたが、この後、お風呂に入ってすぐに寝ました。

残高照会

先ほど、19:30に再度ログインして、「残高照会」を確認してみると、「VT」も「VWO」もどちらもプラスでした!

ただ、長期保有するつもりなので、一喜一憂しても意味ないですし、今後損する可能性だって存在しますからね・・・。

でも、それ以上に海外ETFデビューできたことがうれしいですね!

私の投資生活の大きな一歩です。

4月25日に「2015年 米国投資の好機をとらえる米国株式・ETFセミナー」に参加し、「バンガードのETFを購入したい」と思っていたのですが、なかなか即座の購買までは至りませんでしたが、やっと買うことができました。

直販投信のスポット購入の時とはまた違う感動がありましたね。

額が大きいので、購入する時はけっこうビビっていました・・・(^_^;)

取引手数料

「日本株」と同様に、ETFを含めた「米国株」を買う場合、「取引手数料」がかかります。

投資信託の「購入時手数料(販売手数料)」のようなものです。

日本のネット証券では、米国株の取引手数料が一番安いのが「マネックス証券」です。

マネックス証券の「米国株」の1取引あたりの「取引手数料」は以下の通りです(税抜)。

  1. 約定代金の 0.45%
  2. 最低手数料 5米ドル
  3. 手数料上限 20米ドル(税込21.60ドル)

参考:米国株 手数料/マネックス証券

SBI証券楽天証券は、現状では手数料上限が25米ドルとマネックスよりも5ドル高いです。

さらに、SBI証券の場合、まだ特定口座に対応していません。(2015年内に対応予定)

「取引手数料」と「特定口座対応」で考えると、「外国株」を買うならマネックスが一番良いということになりそうです。(マネックスと楽天証券は特定口座対応。特定口座だと自分で確定申告をしなくてよい。)

さらに現在、マネックスでは「米国株取引 デビュー応援!手数料全額キャッシュバック(上限3万円)」をやっています。

外国株取引口座に、初回入金日から20日間の米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円(キャッシュバック時のレートで円換算)キャッシュバックいたします。

私は今回、「VT」と「VWO」の2銘柄を購入したので、取引手数料が43.2ドル(21.6ドル x 2)かかりました。1ドル123円で計算すると5,313円です。

しかし、3万円以下なので、この取引手数料は全額キャッシュバックされることになります。

キャッシュバックは翌々月の月末にされるそうです。私の場合は8月末にキャッシュバックされることになります。

※追伸

8月24日にキャッシュバックされました。入出金履歴で見ることができます。

20150616_37

日本円口座の方に4,834円がキャッシュバックされています。

取引手数料43.2ドル(21.6ドル x 2)で4,834円キャッシュバックということは、1ドル111.89円くらいで両替されています。このキャッシュバックにも税金が引かれているのかな??

もしくは、取引手数料21.6ドルは税込価格です。税抜きだと20ドルです。なので、税抜き価格で計算すると、「4,834円 ÷ 40ドル = 120.85円」となるので、8月24日の為替(1ドル116.46〜122.01円)に近づきます。

為替手数料

海外ETFを含めた外国株を購入する場合、「取引手数料」だけでなく「為替手数料」もかかります。

「為替手数料」は「1ドルあたり25銭(0.25円)」です。

私の場合、「VT」は6000ドルで購入しているので、「為替手数料」は1500円(6000 × 0.25 = 1500)ということになります。

「VWO」は6056.4ドルで購入しているので、「為替手数料」は1514円(6056.4 × 0.25 = 1514.1)ということになります。

ただし、為替手数料は米国ETFを購入する時に引かれるのではなく、日本円から米ドルへと為替振替(両替)する時に、レートに為替手数料が含まれます。

私は「VT」と「VWO」を購入するために、150万円を米ドルへと為替振替(両替)し、12,121.21ドルを得ました。

この時に、為替レートに為替手数料が含まれて計算されるということです。

ちなみに、どのくらい為替手数料が取られているのか計算してみると・・・

12,121.21 × 0.25 = 3030.3025

となり、3030円ほど取られていることになります。

150万円のうちの3,030円なので、為替手数料の経費率は0.202%ということになります。(3030 ÷ 1500000 × 100 = 0.202)

マネックスでのETF購入と手数料まとめ

ここまでの数値を表にまとめたいと思います。

銘柄 両替レート 為替手数料 注文価格 約定数量 投資額
ドル・円
取引手数料
VT 1ドル123.7円 約3030円
1ドルあたり25銭(0.25円)
日本円150万円を米ドルに両替
62.5ドル 96口 6000ドル
742,200円
21.6ドル
※キャッシュバック
VWO 41.2ドル 147口 6056.4ドル
749,176円
21.6ドル
※キャッシュバック

海外ETFは購入時に「取引手数料21.6ドル」と「為替手数料(1ドルにつき0.25円)」かかります。

投資信託などでは、ノーロード(購入時手数料0円)が一般的になってきていますが、海外ETFは購入時手数料がそれなりにかかります。

ただし、「取引手数料」は上限が決められているので、投資額が大きくなるほどコスト比率も軽くなります。

逆に、投資額が小さいと、手数料負けしてしまいます。

ある本には、「購入時手数料を考えると海外ETFを買うなら1銘柄100万円程度からの購入が向いている」と書いてありましたね。

私は2銘柄ともに約75万円で購入しましたが、いま考えると、100万円ずつ買えばよかったと思っています・・・。

米国ETFを購入するまでのおおまかな流れ・手順

最後に、米国ETFを買うための流れや手順についてまとめたいと思います。

これから購入する人は参考にしてみて下さい。

  1. 証券会社で口座開設(私の場合はマネックス証券
  2. 証券会社に入金(私の場合は150万円を即時入金
  3. 外国株口座を開設(開設完了するまで1日くらいかかる)
  4. 外国株口座に入金したお金を移動(資金振替
  5. 外国株口座に移動した円を米ドルに両替(為替振替
  6. 米国ETFを購入(この記事)

2015年上半期を振り返って・・・

「2015年は投資で資産運用をしよう!」と思ったのが1月。

2月に、三井住友銀行に行って、帰りに投資信託の本を数冊購入

3月に直販投信の積立の申込を行い、4月に直販投信のスポット購入で投資信託デビュー。

さらに、4月はマネックス証券に口座開設の申込をしました。

5月に直販投信の積立が開始し、マネックス証券の口座開設が完了。

6月になると、NISA口座にしたセゾン投信の2銘柄の積立も開始

そして、6月12日にマネックス証券の外国株口座の開設申請をして、ソニー銀行からマネックスに入金

6月15日に外国株口座の開設が完了し、外国株取引口座に資金振替し、円を米ドルへ為替振替

そして、この日の夜(昨日)に米国ETFの「バンガード VT」と「バンガード VWO」を購入し、念願の米国ETFデビューをしました。

この約半年間、あっという間でしたが、まとめると以下のような感じですね。

1)本で「直販投信」や「インデックスファンド」や「積立投資」などの存在を知る
  ↓
2)直販投信で積立投資を開始
  ↓
3)本や投資ブログやセミナーで海外ETFの存在を知る
  ↓
4)証券会社(マネックス)に口座開設する
  ↓
5)米国ETFを買う

1月の段階では、どこに投資すべきか全く分かりませんでしたが、毎日コツコツと勉強して、なんとかここまで辿り着くことができました。

これからも無駄遣いはせずに、なるべく投資にお金を使って、お金に働いてもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です