ひとり社長に最適な法人口座はどこ?月額基本料と振込手数料を比較

法人口座って メガバンクとネットバンクでは どっちがいいの?

私は社員が私一人の会社を経営しています。いわゆる、ひとり社長というやつです。

といっても、経営しているという意識は全くなく、個人事業主から法人成りしただけの話で、個人事業主時代と同様に毎日バリバリと働いています。

法人化してから最初にやったことは、法人口座を作ったことですが、法人口座って何かとお金がかかるんですよね。。

私は個人では三井住友銀行を使っていました。なので、法人口座も三井住友銀行で開設することにしました。やはり、使い慣れた銀行の方がいいですからね。

しかし、三井住友銀行は法人口座の開設自体は無料でできるのですが、インターネットバンキング(三井住友銀行では「EB」と呼んでいます)を使うとなると、月額2,160円かかります。年間だと25,920円も使用料がかかるのです。。

顧問税理士に相談してみると、三井住友銀行ではインターネットバンキングを使わないで法人口座だけを無料開設して、それとは別にネット銀行に法人口座を開設することを提案されました。

そこで、ジャパンネット銀行でも法人口座を開設することにしました。

最初は、取引先からの振込口座として信用力やブランドがある三井住友銀行を使って、役員報酬や税理士への振込などはジャパンネット銀行のインターネットバンキングでやろうと思っていました。

三井住友銀行のスタッフさんには「今は法人口座を開設する場合は、EBに申し込んでもらうことにしているんです。」と言われましたが、「月額料金が無料のジャパンネット銀行でインターネットバンキングを使うので、EBは必要ない。無料の銀行があるのに、有料の銀行を使う理由がない。一期目だから少しでも経費削減したい。でも、知名度がある三井住友銀行でも口座を開きたい。」と説明し、なんとか三井住友銀行で法人口座を開設することができました。

ただ、今になって考えてみると、「なんだか面倒くさいな・・・」と思っています。

「ネット銀行1本でもよかったのかな?」とすら思っています。

そこで、メガバンクとネット銀行の法人口座の手数料を比較してみることにしました。

メガバンクとネット銀行の法人口座の月額基本料と振込手数料を比較

3大メガバンク(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行)のネットバンキングと法人口座が開設できるネット銀行(ジャパンネット銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行)の「月額基本料」と「振込手数料」を比較します。


2015年3月1日現在
ネットバンキング 月額基本料 振込手数料
同行宛 他行宛て
〜3万円 3万円〜 〜3万円 3万円〜
三菱東京UFJ銀行
BizSTATION
1,728円

※申し込み月の翌々月末まで、最大3ヵ月間は無料

108円 324円 540円 756円
三井住友銀行
パソコンバンクWeb21<デビュー>
2,160円 同一店内宛
108円

本支店宛
216円

同一店内宛
216円

本支店宛
432円

540円 756円
みずほ銀行
みずほビジネスWEB
2,160円 同一店内宛
0円

本支店宛
216円

同一店内宛
0円

本支店宛
432円

540円 756円
ジャパンネット銀行 0円 54円 54円 172円 270円
楽天銀行 0円 51円 51円 165円 258円
住信SBIネット銀行 0円 51円 51円 165円 258円

法人口座はATMの出入金にも手数料がかかる

法人口座の場合、個人口座と違って、ATMで出入金する時にも手数料がかかるケースがあります。

出金で手数料をとられるのは個人口座と同じですが、入金で手数料をとらるのは法人口座ならではかもしれません。

といっても、法人口座ってATMで出入金ってあまりないですよね。今の時代は振込ならネットバンキングでできますし、入金はお客さんからですし、役員報酬や給料の支払いも振込で行うので、出金することもないです。

というわけで、ここでは一覧にしてまとめずに、ATM手数料に関するページにリンクを貼るだけにしておきます。

他行に役員報酬を振り込む場合の手数料比較

私は今まで個人のメインバンクは三井住友銀行でした。

でも、三井住友銀行はコンビニのATMでの引き出し手数料がかかるので、個人のメインバンクはソニー銀行に変えようと思っています。

投資信託を買うのに銀行よりもネット証券の方が手数料が安いように、これからは銀行もネット銀行の時代だと思います。

そこで、法人口座から他行であるソニー銀行に役員報酬を振り込む場合の手数料を比べてみたいと思います。

もし、三井住友銀行の法人口座のインターネットバンキングからソニー銀行に役員報酬を振込する場合、役員報酬は当然3万円以上なので振込手数料は756円ということになります。

このケースでは、メガバンクならどこでも振込手数料は756円です。

一方、ネット銀行からソニー銀行に役員報酬を振込する場合、振込手数料は258〜270円です。

仮に、258円とすると、年間の役員報酬の振込手数料は以下のように変わってきます。

3万円以上の場合の振込手数料
月額 年額
メガバンク 756円 9,072円
ネット銀行 258円 3,098円

年間の差額は5,976円です。10年だと59,760円の差になります。

他行に税理士顧問料2万円を振り込む場合の手数料比較

今度は、税理士の顧問料を振り込む場合です。

私の税理士顧問料は2万円です。つまり、3万円以内です。

税理士の銀行はりそな銀行なので、他行ということになります。

そこで、他行に2万円を振込する場合の振込手数料の比較をしてみたいと思います。

3万円以下の場合の振込手数料
月額 年額
メガバンク 540円 6,480円
ネット銀行 165円 1,980円

年間の差額は4,500円です。10年だと45,000円の差になります。

月額基本料と振込手数料の年間合計額の比較

私のようにひとり社長で会社をやっている場合、毎月必ずある振込は「役員報酬」と「税理士顧問料」の2つです。

私の場合は、まれに何かを買った場合に振込する場合がありますが、あったとしても数回です。

そこで、「月額基本料」と「振込手数料(役員報酬と税理士顧問料)」に絞って、ネットバンキングの年間コストを比較してみたいと思います。

法人口座ネットバンキングの年間コスト
月額基本料 振込手数料 年間の合計額
役員報酬
3万円〜
税理士顧問料
〜3万円
メガバンク 月2,160円
年間25,920円
月756円
年間9,072円
月540円
年間6,480円
41,472円
ネット銀行 月0円
年間0円
月258円
年間3,098円
月165円
年間1,980円
5,078円
1年間の差額 36,394円
10年間の差額 363,940円
20年間の差額 727,880円

このように、メガバンクとネット銀行では、役員報酬と税理士顧問料の振込手数料が1年で約3万6000円、10年で約36万円、20年で約72万円も違ってきます・・・。

私は少なくてもまだ20年は働く予定というか、働かなくてはいけないので、この72万円の差額は大きいですね。

こうやって計算してみると、法人口座は迷わずネット銀行で開設すべきだと思いましたね。

特に、私のようなひとり社長のケースならなおさらです。

税理士が曰く、メガバンクや都銀で法人口座を開設する会社には、以下のような理由があるそうです。

  • 融資(借入)を受ける
  • 受取手形の割引を受ける
  • 外貨建て取引の際の為替予約
  • 取引先との関係上 etc・・・

私の場合は、特にこのようなことはないので、ネット銀行の方が安く済みますし、便利だと判断しました。

あとは、ネット銀行3つのうちのどこを使うかですね。


ジャパンネット銀行 法人口座 »

(追伸1)ネットバンクでは税金の支払いができない

ネットバンクだと税金の支払いができませんでした。

なので、私の場合、ネットバンクから三井住友銀行の法人口座に振込して、三井住友銀行で法人税や源泉税、住民税などの納税をしています。

(追伸2)ゆうちょ銀行の法人口座ならインターネットバンキングは無料、ペイジーで税金の支払いもできる

最近、わざわざ最寄の三井住友銀行まで行って税金の支払いをするのが面倒なので、ゆうちょ銀行にも法人口座を開設しました。

というのも、ペイジーを使えば、以下の税金の支払いができて、わざわざ銀行の店舗まで行く必要がないからです。

  • 法人県民税(地方税)
  • 法人事業税(地方税)
  • 個人住民税(地方税)

銀行によって、ペイジーで払える税金の種類は違うようですが、私の場合、国税は三井住友銀行で自動引き落とししています。(顧問税理士に設定してもらいました。)

ペイジーに対応している銀行は以下のページの通りです。(徐々に増えているようです)

ペイジーが使える金融機関

私の場合、三井住友銀行に法人口座を開設しましたが、インターネットバンキングは月額料金を払いたくないので、使っていません。だから、三井住友銀行でペイジーを利用できません。

また、顧問税理士曰く、私が使っているネットバンクはペイジーに対応しているものの、ペイジーで支払えない税金も多いそうです。

だから、ペイジー用として新たに「ゆうちょ銀行」で法人口座を開設しました。

ゆうちょ銀行ならメガバンクと同様にペイジーで支払える税金に種類も多いですし、インターネットバンキング(ゆうちょダイレクト)の月額料金は0円で無料です。

ただ、法人市民税だけは銀行自動引き落としもペイジーも対応していないので、銀行窓口まで行く必要があるようです。。面倒ですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です