法人クレジットカードを年会費、国際ブランド、利用可能額で比較

法人カードって結局、どれがいいの?

投資信託をやろうと決めてから、とにかく今の生活から余計な出費を減らそうと思いました。

投資信託だけでなく、日常からコスト意識をもっと高めた方がいいと思いましたね。

穴の空いたバケツに水を入れても、なかなか水は溜まりませんからね。

そこで思いついたのが、法人クレジットカードです。

アメックスの法人カードを作りました

私は元々、個人事業主としてビジネスをやっていましたが、昨年、法人成りしました。といっても、社員は私一人の会社で、俗にいう一人社長です。

個人事業主時代はプライベートとビジネスを分けずに、1つのクレジットカードでまかなっていました。そのせいか、限度額100万円だったカードは300万円まで限度額が引き上がりました。

そして、法人化すると法人口座を作ることになります。

法人口座を作ると、法人口座を登録できるクレジットカードを作る必要が出てきます。

それ以前に、ビジネスとプライベートでクレジットカードを分けることによって、自分も顧問税理士もお金の使い道が分かりやすくなります。

しかし、私が個人事業主時代に使っていたクレジットカードは法人口座を登録できなかったので、法人口座を登録できるクレジットカードを新規で作る必要がありました

法人カードは実績のない一期目は審査に通りづらいと言いますが、同業者が使っていた「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」に申し込みました。年会費はなんと26,000円と高額です。。

私としては、アメックスって審査が厳しい印象がありましたし、年会費も高かったのでちょっと躊躇したのですが、やっぱり財布に入っている時のかっこよさは群を抜いていますよね。

ブランド力があるというか、持っているとステイタスを感じることができる法人カードって、一番はやっぱりアメックス・ゴールドなんじゃないでしょうか?

支払い時のステイタスの高さはさすがの一言です。(自意識過剰なだけかもしれませんが・・・)

でもまぁ、結局、クレジットカードって見栄の部分も大きいですよね・・・。

投資信託の本を読んで資産運用について色々と勉強していくうちに、削れるものは削って余計な出費は可能な限り減らそうと思ったので、ここで一旦、世の中で発行されている法人クレジットカードについて調べてみることにしました。

法人カードを申し込んだ時はほとんど調べずに、なんとなく「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを持っていれば安泰かな?」というノリで申し込んでしまいましたからね。。

でも、もしかたらもっと自分に合った法人カードがあるかもしれません。もっと年会費を安く済ますことができるかもしれません。

そこそこのステイタスでそこそこの年会費のカードがあるかもしれません。

というわけで、さっそく法人クレジットカードを比較してみたいと思います!

法人クレジットカード比較

以下のクレジットカードは、法人口座を登録できる法人クレジットカードです。

ここではそれぞれの付帯サービスはリンク先を見てもらうとして、単純に以下の4項目で比較したいと思います。

  • 国際ブランド
  • 年会費
  • 利用可能枠
  • 海外旅行傷害保険

※年会費は税抜き価格です。

2015年3月1日現在
発行元 法人カード 国際ブランド 年会費 利用可能枠 海外旅行傷害保険
アメックス アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
AMEX 26,000円 制限なし 最高1億円
ダイナース ダイナースクラブ ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード ダイナースクラブ ビジネスカード
Diners Club 27,000円 制限なし 最高1億円
セゾン セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
AMEX 20,000円
※年間200万円以上利用すると次年度10,000円
年収や他社カード利用状況に応じて 最高1億円
JCB プラチナ法人カード
 JCB プラチナ法人カード
JCB 30,000円 入会時150万円以上 最高1億円
ゴールド法人カード
JCB ゴールド法人カード
10,000円 50~250万円 最高1億円
グランデ法人カード
JCB グランデ法人カード
2,500円 30~100万円 最高3,000万円
一般法人カード
JCB 一般法人カード
1,250円 30~100万円 なし
三井住友 プラチナカード
三井住友プラチナカード
VISA
MasterCard
50,000円 150~500万円 最高1億円
ゴールドカード
三井住友ゴールドカード
VISA 10,000円 20~100万円 最高5,000万円
クラシック(一般)カード
三井住友クラシック(一般)カード
1,250円 20~40万円 最高2,000万円
ANAコーポレートカード ワイドゴールドカード
ANAコーポレートカード ワイドゴールドカード
19,000円 50万円 最高5,000万円
ANAコーポレートカード ワイドカード
ANAコーポレートカード ワイドカード
12,250円 50万円 最高5,000万円
ANAコーポレートカード 一般カード
ANAコーポレートカード ワイドカード
2,750円 50万円 最高1,000万円
ライフカード ライフカードビジネス ゴールド
ライフカードビジネス ゴールド
VISA 2,000円
※初年度無料
10~500万円 最大2,000万円
ライフカードビジネス スタンダード
ライフカードビジネス スタンダード
VISA
MasterCard
永年無料 10~500万円 なし
UC UC 法人カード ゴールド
UC 法人カード ゴールド
VISA
MasterCard
10,000円 50~500万円 最高5,000万円
UC 法人カード 一般
UC 法人カード 一般
1,280円 20~300万円 なし
オリコ EX Gold for Biz M
オリコ EX Gold for Biz M
VISA 2,000円
※初年度無料
10~300万円 最高5,000万円
オリコビジネスカード
オリコビジネスカード
MasterCard 1,250円 10~1,000万円 最高2,000万円

こうやって、あらためてカードのデザインを見てみると、アメックスゴールドのかっこよさというか、威厳のある感じは群を抜いているように見えてしまいます。

ホテルのラウンジとかで仕事や打ち合わせをした時に、財布からアメックスゴールドを出した時のステイタス感ってやっぱりありますからね。

国際ブランドはどこがいいのか?

私が個人事業主時代に使っていたカードはVISAでした。

私は海外旅行が好きで、いろんな国に滞在したことがありますが、VISAが使えなかったということは一度もなかったですね。

もちろん、日本でもどこでもVISAは使えます。

世界中で「クレジットカードが使える店=VISAが使える店」という認識でいいと思います。

MasterCardもVISA同様に使える店が世界中で多いですね。

1位がVISAで2位がMasterCardという認識でOKだと思います。

一方、アメックス(アメリカン・エキスプレス)は日本では使えない店があるんですよね。。

また、日本生まれのJCBも海外で使えない店がありますね。

ダイナースに関しては、アメックスよりも使えない店が多いという印象がありますが、実際はどうなのでしょう?(使ったことがないので分かりません。)

アメックスとダイナースを使っている人って、もともと富裕層というか、それなりの収入がある人なので、それなりの収入がある人が行く店では使えることが多いようです。

アメリカでは「アメックスのクレジットカードを持っている=身分がしっかりしている人」みたいなイメージもあるようですね。

JCBは日本ブランドだけあって、日本ではほとんどの店で使えます。日本では「クレジットカードが使える店=JCBが使える店」という認識でOKだと思います。

ただ、海外となると話はちょっと変わってきます。日本人がよく行く観光地や観光客が多い店では普通に使えますが、レアな店や日本人があまり行かない国などでは使えないこともあるようですね。

海外だったら、JCBよりもアメックスの方が使える店は多いです。

そんなJCBとアメックスですが、実は両者は提携しています。

提携しているので、日本では「JCBが使える店=アメックスが使える店」、海外では「アメックスが使える店=JCBが使える店」なのですが、実際は両者の提携に対応していない店もまだまだあるみたいですね。

これがアメックスが日本で使えない店がある理由のようです。

こうやって考える行くと、世界中どこでも使えるVISAが付いている「三井住友ゴールドカード」が一番パフォーマンスが高いように感じたりもします。

年会費も1万円とアメックス・ゴールドに比べたら半分以下ですし、三井住友というステイタスもありますし、限度額も100万円と多いですし。

表向きの限度額は引き上げられる

ちなみに、限度額は使っていくうちに引き上げることができます。

表向きは「100万円まで」となっていても、実績を作れば上がっていきます。

私が個人事業主時代に使ったいたカードは学生時代に作ったものですが、学生時代は限度額が50万円でした。

それが、社会人になってから100万円になり、個人事業主になってたくさんカード払いするようになってから300万円になりました。

カード払いして、しっかり返済して、実績を作っていけば限度額はどんどん上がってきます。頼まなくても、勝手に上がります。

私も後になって限度額が300万円になったことに気づきましたからね。

とにかく安く済ませたいならライフカード

「ステイタスなんて関係ない。海外旅行傷害保険なんていらない。付帯サービスなんて使わない。とにかく安く法人カードを作りたい。できれば、年会費無料で作りたい!」という人は「ライフカード ビジネス スタンダード」が一番の選択肢になると思います。

今回紹介した法人カードの中では唯一、年会費無料ですからね。しかも、限度額は500万円と非常に大きいです。

そして、世界中で一番使えるVISAが付いています。

申込から発行までは1ヶ月

他のカードは分かりせんが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は申込から審査、そして発行までにちょうど1ヶ月かかりました。

法人カードは発行までに個人カードよりも時間がかかるようなので、早い段階で申込をした方がいいみたいですね。

結論

私はすでに「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」を作ってしまったので、しばらくはこのカードを使う予定です。まだ1年使ってませんし。

でも、年会費ほどの価値を感じなかったり、使えない店が多くてストレスを感じるようなら「三井住友ゴールドカード」に乗り換えようと思いました。

年会費が26,000円ということは、月換算だと2,166円です。

年会費が10,000円ということは、月換算だと833円です。

その差は月1,333円ですが、年間だと16,000円になります。

以前の私なら、この程度の差は気にしませんでしたが、今は「この16,000円で投資信託を買って、5%運用できれば1年で16,800円になるのかぁ〜。複利で10年運用したらいくらになるんだろう?」とか考えるようになりましたね^^;

私は財布の中にいろんなカードが入っているのが嫌なので、理想は法人カード1枚、プライベートで使うカード1枚、電子マネー1枚、Suica1枚って感じですね。

2件のコメント

  1. バフェット

    僕も法人は、AMEXゴールドにしました。年会費無料でした。

    個人で、ゴールド1年、プラチナ10年です。
    法人も、個人の時の会員資格取得年になっていました。

    「プラチナの紹介状が欲しい」と言われた
    おぼっちゃま投資家(当時24才か25才)が、誕生日の次の日に申込みし、最年少プラチナ取得者みたい。

    彼には、2億円以上のUBSも紹介しました。
    年利3%でも、600万円の利息で充分ですね?5%も夢じゃないらしいですが。

    僕は、10年かけて、更に10倍(20年で100倍)を目指します。

    • nanamidaido

      バフェットさん

      AMEXのプラチナって、確か年会費が13万円くらいですよね?すごいですね〜。

      私は庶民なので「もったいない・・・」と思っています^^;

      利息で年間600万円も入ってくるなんて、夢のようですね!

      なんだか、話が大きすぎて、私には遠い世界に感じてしまいました・・・。

バフェット にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です