ソニー銀行を徹底解剖〜ATM出入金・振込手数料、金利、評判

コンビニATMの引き出し手数料が無料のネット銀行を比較!」という記事を書いて、ソニー銀行に興味を持ったので、ソニー銀行がどんな銀行なのか徹底解剖してみたいと思います!

ソニー銀行

※以下のデータは2015年2月28日現在のものです。

コンビニや銀行のATMでの出金・入金手数料

まず、気になるのがATMの手数料ですね。生活していれば、定期的にお金を引き出す必要があります。

昔はお金を引き出すには「銀行ATM」まで行く必要がありましたが、最近は「お金を引き出す場所=コンビニATM」となっているので、特にコンビニATMでの引き出し手数料の有無は重要項目です。

セブンイレブン
(セブン銀行)
ミニストップ
(イオン銀行)
ローソン
(ローソンATM)
ファミリーマート
(イーネットATM)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 ゆうちょ銀行
何回でも0円 引き出し手数料は月4回まで0円、5回目以降は108円。
預け入れ手数料は何度でも0円。

※毎週日曜日の21:00〜7:00は取り扱いしていません。

ソニー銀行の場合、コンビニだけでなく、「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」という大手銀行のATMも使えるのがいいですよね。

場所によっては、コンビニはないけど、メガバンクのATMはあるという場所もありますからね。

振込手数料と時間

次に、ソニー銀行の振込手数料についてです。

ソニー銀行宛て 他行宛て
手数料 0円 月1回まで0円、2回目以降は216円。
※実際には1回目だけ翌月10日までにキャッシュバックされて実質0円に。
時間 即時実施 15:00までなら当日実施

定期預金の金利がメガバンクよりも高い

ソニー銀行は三井住友銀行のようなメガバンクよりも「定期預金」の金利が高いです。

「普通預金」の金利はどちらも「0.020%」ですが、定期預金の金利は以下のように差があります。

◎ソニー銀行の定期預金の金利
ソニー銀行の定期預金の金利

◎三井住友銀行の定期預金の金利
三井住友銀行の定期預金の金利

このように、ネットバンクの方がメガバンク(都銀)よりも定期預金の金利が高い傾向にあります。

といっても、金利1%以下なので定期預金をしてもたいして利息は付きませんけどね。。

今の私は、銀行で定期預金をするくらいなら、投資信託で長期積立てをした方がいいと思っています。

他行からソニー銀行への資金の移動が無料

ソニー銀行には「おまかせ入金サービス」というものがあります。

これは、今使っている銀行からソニー銀行へ手数料無料で入金するサービスです。

最初に一度設定しすれば、あとは自動で毎月、指定した金額を移動できます。

私は現在、三井住友銀行を使っていますが、三井住友銀行だとコンビニATMで手数料がかかるので、メインバンクをネット銀行に変更しようと思っています。

その場合、三井住友銀行からネット銀行への資金の移動が大変ですね。振込だと他行なので手数料をとられてしまいます。

でも、ソニー銀行なら手数料無料で資金移動ができます。

これはメインバンクを変更する時にはすごく便利な機能だと思います。

評判

ネット上にあるソニー銀行の評判を探してみました。

“異色の”ソニー銀行、顧客満足度1位と業績好調の秘密~徹底した顧客志向とサービス向上 | ビジネスジャーナル

日本経済新聞が実施した「第10回 日経金融機関ランキング」(有効回答4124人)で、ソニー銀行は7年連続で顧客満足度トップにランクイン。

ソニー銀行のコールセンターは、トークマニュアルだけにのっとるのでなく顧客によって応答の仕方を変えているが、そのためにはオペレーターのスキルを向上させなければならない。

ソニー銀行の預金口座数は95万口座で、当面の目標は100万口座。1兆8000億円の預金残高は3兆円を目指す。顧客のメインは30~40代なので、スマホに対応した金融サービスの開発等、普段使いの口座としての利便性も向上させ、20代の開拓も強化していく方針だ。

紹介動画

YouTubeにはソニー銀行の公式チャンネルがあるのですが、とても銀行とは思えなくらいポップな演出の動画になっています。

◎公式【ソニー銀行】ATM広告動画(15秒)

◎公式【ソニー銀行】ATM0円「仲間が増えた!」(30秒)

◎公式【ソニー銀行】外貨積み立て広告動画(30秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です