コンビニATMの引き出し手数料が無料のネット銀行を比較!

これまで3冊の投資信託の本を読んで思ったことは、「手数料の安さにこだわることは思った以上に大切」ということです。

たとえば、同じ銘柄の投資信託でも、銀行の窓口とネット証券では後者の方が購入手数料が無料のところが多いのでオススメと書いてありました。

そこで、ふと思ったことがあります。

「これは普段使っている銀行にも当てはまるのではないか?」と。

たとえば、私が住んでいるマンションのすぐ近くにコンビニの「ローソン」があります。もちろん、24時間営業です。

しかし、ローソンで三井住友銀行からお金を下ろすと、引き出し手数料が108円かかります。夜間や土日などの祝日に引き出しすると、時間外手数料も加算され、216円もとられます。

もし、月に5回引き落としたら、最低でも540円(108 × 5 = 540)の引き出し手数料がかかります。

毎回、夜間に引き落としたら、1080円(216 × 5 = 1080)の引き出し手数料がかかります。

このように、手数料がかかるので、私は近所のコンビニのATMでは滅多にお金を引き落としません。

今までは、徒歩10分ほどの距離にある三井住友銀行のATMで月に1回だけまとめてお金を出金するようにしていました。

でも、近所のローソンなら徒歩1分もかかりません。というか、マンションから徒歩1分圏内にローソン、セブンイレブン、ファミリーマートと3つのコンビニがあります。

こんな環境に住んでいるので、できることなら近所のコンビニでお金が足りない時に、必要な額だけ手数料無料で引き出したいと思っています。

でも、これって調べてみると、実はできるんですよね。ネット銀行を使えば。

というわけで、さっそくネット銀行について調べてみることにしました。

知らないってホントに損していますよね。。^^;

コンビニATMの引き出し手数料が無料のネット銀行を比較

ネット銀行のコンビニATM引き出し手数料を比較

通常、入金時は手数料は0円が基本です。

なので、ここでは出金(引き出し)手数料のみを比較したいと思います。

どうせなら、昼夜関係なく、平日休日関係なく、コンビニで手数料0円でお金を引き出したいですよね。

ここでは「0円」と掲載しているケースでは、昼・夜・平日・休日関係なく無条件で0円(無料)ということです。

※ただし、多くのコンビニATMでは日曜日の21:00~翌7:00は利用できないようです。

コンビニATM引き出し手数料
2015年2月27日時点
ネット銀行 セブンイレブン
(セブン銀行)
ローソン
(ローソンATM)
ファミリーマート
(イーネットATM)
ミニストップ
(イオン銀行)
新生銀行 0円
住信SBIネット銀行 0円 月5回まで0円
6回目からは108円
0円
ソニー銀行 0円 月4回まで0円
5回目以降は108円
0円
楽天銀行 月5回まで0円(口座開設月と翌月から6ヶ月間)
7ヶ月目以降は「お預かり資産残高」や「ハッピープログラム会員ステージ」に応じて最大月7回まで0円
じぶん銀行 月3回まで0円
4回目から108円
ジャパンネット銀行 月1回まで0円
2回目以降は3万円以上なら0円、3万円未満なら162円
東京スター銀行 月8回まで0円
9回目以降は108〜216円
イオン銀行 108〜216円 0円
セブン銀行 平日・土日・祝日も7時~19時までは0円
それ以外の時間帯は108円

これを見ると、現状ではコンビニ引き落としでは「新生銀行」が最強のようですね。

ただ、週に1回引き落とすとすると、月に4回ほど無料で引き落とせればいいということになります。

そう考えると、「新生銀行」「住信SBIネット銀行」「ソニー銀行」「楽天銀行」あたりまでが選択肢に入るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です